夏でも肌が乾燥する原因

夏でも肌が乾燥する原因

夏でも肌が乾燥する原因

夏でも肌が乾燥するのには、以下のような理由があります。


夏でも肌が乾燥する原因

発汗
人間の体には体温調節機能が備わっており、外気温が上がると体温を下げようと汗をかきます。

夏場は、大量の発汗によって肌の水分だけでなく、肌から水分が蒸散するのを防いでいる皮脂膜も失われてしまいます。

エアコン
屋外で滝のようにかいた汗も、エアコンの効いた室内に入ると一気に乾きます。

屋外で大量に汗をかき、屋内で乾く……ということを繰り返すうちに肌からどんどん水分が奪われ、乾燥しやすくなります。

紫外線
夏の強い紫外線も肌が乾燥する原因の一つです。

バリア機能が正常に働いている健康な肌は、うるおいが保たれ、外部刺激の影響を受けにくくなっています。

ところが、紫外線ダメージを受けると肌のバリア機能が低下し、水分が失われやすくなってしまうのです。

保湿不足
肌がベタつく夏は保湿ケアの手を抜きがち。

しかし、汗や皮脂で肌の表面はうるおっているように見えても、肌の内側ではどんどん乾燥が進んでしまいます。

夏でもしっかり保湿ケアを行いましょう。

冷たいものの摂りすぎ
暑いからといって冷たい飲み物やアイスなどを摂りすぎると、血行や代謝が悪くなり、乾燥肌の原因となります。

冷たいものはほどほどにしましょう。

zushi-ekimae