虫刺され

虫刺され

夏場になると、お子様から大人の方まで多くご相談をいただきます。

虫刺されの症状にはアレルギー反応が関わっていると言われており、体質や刺された頻度によって個人差があります。

特にお子様では症状が強く出ることもあり、赤く腫れるだけなく水ぶくれができることもあります。

またお子様の場合には掻かないようコントロールすることが難しいため、掻き続けることで傷ができ、二次的に細菌感染を併発することもあります。

特に蚊に刺されるたびに熱が出るなど、全身症状を伴う場合には血液検査を行うこともあります。

|虫刺されの原因
虫刺されの原因をはっきりさせるには、刺されている場面を目撃しない限り難しいことが多いのですが、体の部位・刺された状況によっては原因を特定できることもあります。

例えば蚊の場合、露出部位である顔・首・腕や足首に症状が見られ、逆に二の腕やお腹、太ももを中心に症状が見られる場合、ダニによる虫さされを疑います。

|治療
虫刺されは放っておくと茶色いシコリや傷跡となってしまうこともありますので、早めの治療が大切です。

治療はステロイドの塗り薬を使用しますが、治療が不十分だとしこりを残すこともありますので、長めの外用や貼り薬での治療をおすすめします。

細菌感染を併発している場合は抗生剤の飲み薬が必要となり、かゆみの程度に応じてその他のアレルギー止めの飲み薬も併用します。

zushi-ekimae

問診票DL

診療予約