脇の下のしこり・できものが粉瘤ではなかったときの治療法について

脇の下のしこり・できものが粉瘤ではなかったときの治療法について

脇の下のしこり・できものが粉瘤ではなかったときの治療法について

脂肪腫では治療の必要性は少ないのですが、他の病気の可能性が否定できない場合や、外見上の問題が発生している場合には手術によって取り除くこともあります。

悪性リンパ腫の場合では、重症度にもよりますが、抗がん剤治療(化学療法)や放射線治療が主となり、手術が治療の主体になることはほとんどありません。

脇の下のしこり・できものは何科を受診すればいいのか

脇の下のしこり・できものに気付いたときにはどうすればよいのか悩ましい問題かと思います。

結論から述べると、検査や診察を受けずに原因を正確に見分けるのは難しいので、まず皮膚科に行くことをおすすめします。

粉瘤が疑わしくても、他の病気である可能性は否定できません 。

ですので、他の病気と見分けて正確に診断する必要があり、そのためには皮膚科が適しています。
粉瘤と診断されたあとで手術する病院を選びたい人は、手術の内容や費用が病院によって違うので、自分の希望をはっきりとさせた上で、自分に合った病院を探してください。

zushi-ekimae

問診票DL

診療予約