誰の顔にも生息している顔ダニ

誰の顔にも生息している顔ダニ

誰の顔にも生息している顔ダニ


人の顔の皮膚や頭皮には、毛根や皮脂腺に棲みつき、余分な皮脂を食べることで皮膚を酸性に保ち、細菌から皮膚を守ってくれる顔ダニが生息しています。

顔ダニは、毛根に棲みついている「ニキビダニ」と、皮脂腺に棲みついている「コニキビダニ」のふたつに大別されますが、中高年のニキビは顔ダニが原因であることが多く、その大きさは肉眼では見ないレベル。主に睡眠中に活動をするので、日中はまったく気にならない存在です。
とはいえ、顔ダニと聞くとなんだかいやなイメージを抱きがち。そこで、神経質になるあまり、過度にゴシゴシ洗顔する行為は逆効果。皮膚疾患が見られない場合は平常通りのスキンケアで十分なのです。
顔ダニだけじゃない、顔カビ(マラセチラ菌)も⁉

この時季に注意したいのが、夏の疲れで抵抗力が低下した秋から冬にかけて、急激に顔の皮膚に増殖する顔カビです。
顔カビ(マラセチラ菌)は、もともと人の肌に生息するものなのですが(普段は無害)、湿気と皮脂が大好物!
そのため、皮脂や汗などの分泌物が増加する秋口に大繁殖し、かゆみ、カサつき、炎症といった皮膚トラブルを引き起こすことも。
また、秋口の大気の乾燥から肌を守ろうとして過度な保湿を行うと、カビが逆に発生しやすくなってしまううえ、一度顔カビによる症状(下記参照)があらわれると、自然治癒は期待できないので、「もしかしたら顔カビ!?」と思い当たる人は、ただちに専門医の診察を受けるようにしましょう。

zushi-ekimae

問診票DL

診療予約