冬の肌荒れの原因と予防

冬の肌荒れの原因と予防

肌が乾燥すると、角層細胞が新しい角層細胞に置き換わるターンオーバーのサイクルが乱れます。
その結果、古い角層細胞が積み重なり、毛穴を狭くしてしまうのです。
そうすると、皮脂と古い角層細胞が毛穴に詰まりニキビが発生します。


冬の肌荒れの原因と予防
冬の肌荒れどうしてる?乾燥、ニキビ…原因と予防法、対処法は?

それでは、冬の肌荒れの原因と予防法について詳しくみていきましょう。

乾燥(湿度の低さ、エアコンの風、夏に受けた紫外線など)
冬は湿度が低いため、肌の水分が奪われて乾燥します。またエアコンによって部屋の空気が乾燥することも原因の1つです。
さらに夏に受けた紫外線のダメージが肌にあらわれる形で乾燥する場合もあります。

こまめなスキンケア、エアコンの使用を控える、夏に紫外線対策をしておくなど、肌を乾燥させないための工夫が必要です。

寒さによる血行不良
冬の寒さによって体が冷えると、全身の血流が悪くなります。血液には、酸素と栄養素を全身に運ぶ役割があるため、血行が悪くなると肌のターンオーバーに必要な栄養素が不足して、健康な角層を保てなくなるのです。

その結果、角層の保水力が低下し、肌が乾燥しがちになります。冬の血行不良を防ぐには、体を冷やさない工夫が必要です。
マフラーや厚手のアウター、手袋、温感タイプの衣類などを着用したり、温かい飲み物を飲んだりするとよいでしょう。

生活習慣の乱れ(睡眠、食事、運動など)
睡眠不足による成長ホルモンの低下、栄養不足、運動不足による血行不良は、肌のターンオーバーのサイクルを乱す原因です。
十分かつ良質な睡眠、栄養バランスのとれた食事、適度な運動などを心がけましょう。

洗うとき体や顔をこすりすぎている
顔や体を洗うときに肌をこすりすぎると、肌の水分と皮脂が失われます。洗顔料やボディソープを十分に泡立てて、肌の上で泡を転がすように洗いましょう。

zushi-ekimae

問診票DL

診療予約