花粉症の薬は効く?

花粉症の薬は効く?

花粉症の薬は効く? 花粉皮膚炎を抑える市販薬の選び方

花粉皮膚炎の症状は、花粉にさらされがちな顔に出やすいもの。治療の際は顔の湿疹と同様、ステロイド外用薬が効果的です。

頬、口や首周りなどに広がるかゆみも、早く治療すれば4〜5日程度でおさまるので、十分な強さのお薬を完全に治るまで塗りましょう。
ただし、1週間以上経っても症状が改善されないなら赤ら顔とポツポツが出る「酒さ」など他の疾患も考えられるので、皮膚科を受診するようにしてください。

毎年悩まされているなら、日頃の対策と早めの治療を心がけよう

花粉が気になる時期は、外出から帰ったら顔を洗い、付着した花粉を落とすことも心がけて。ただし、石けんを使ってゴシゴシこすると刺激が強すぎて肌荒れに繋がるので、やさしく洗い流すのがおすすめです。

花粉皮膚炎は毎年のように繰り返す厄介な疾患ですが、見方を変えれば症状が現れる時期を推測できるとも言えます。症状が現れる前に抗ヒスタミン薬の服用やマスクの着用を行えば症状を軽くできるので、前もって準備しておくと良いでしょう。

AD

zushi-ekimae

問診票DL

診療予約