「透明感」があると白く見えるってホント?

「透明感」があると白く見えるってホント?

「透明感」があると白く見えるってホント?
美白になるにはどうすべき?美白ケアの基本と「透明感」の重要性

透明感のある肌は、美しい白い肌に見えます。その理由について、詳しくみていきましょう。

透明感があると肌に光が反射して明るく見える
透明感がある肌には光が反射するため、白く明るい肌に見えます。太陽光だけではなく、屋内の電気の光も反射するため、どこにいても美しい白い肌に見えるのです。

透明感を出すには肌の水分量が必要(保湿力)
透明感のある肌を目指すには、肌の水分量を保つ必要があります。肌の水分量が少なくなると、肌のキメが乱れたり弾力が失われたりして、透明感がなくなります。また、乾燥した肌はバリア機能が低下しているため、少しの刺激でメラニンが生成され、くすみになってしまうのです。

肌の水分量があがると乾燥でくすんだ肌も改善
肌の水分量が増えると、バリア機能が改善することで、くすみ肌もターンオーバーによって解消されます。肌の水分量が少ない状態では、ターンオーバーで肌の状態が整っても、またすぐにくすみができるでしょう。

透明感を出すには肌のなめらかさが求められる
透明感のある肌は、同時になめらかでもあります。なめらかな肌は水分を豊富に含んでおりバリア機能が整っています。バリア機能が低下する原因は、エアコンによる空気の乾燥、睡眠不足によるターンオーバーの遅れ、栄養不足などです。なめらかな肌を保つためにも、生活習慣を整えつつ保湿ケアを徹底しましょう。

白さだけに拘らず、透明感も意識すると良い
結論として、美白を目指すのであれば白さだけではなく、透明感も意識してスキンケアを続けることが大切です。美白化粧品の使用、紫外線対策、保湿ケア、生活習慣の改善など、身体の内側と外側の両方からアプローチしましょう。

まとめ
美白になるには、メラニンの生成を抑えつつ還元を促す必要があります。同時に、透明感を高めるための保湿ケアを徹底することで、効率よく美しい白い肌へと導けます。美白クリームや保湿化粧品、日焼け止めクリームなどを併用しつつ、生活習慣を整えて、肌の内側と外側の両方から整えてみてください。

zushi-ekimae

問診票DL

診療予約