虫刺されとは

虫刺されとは

虫刺されとは

虫刺されとは、吸血性の蚊、ブヨ、ダニ、ノミや、身体に毒を持ったハチ、毛虫、ムカデ、クモなどに刺されて起きる皮膚炎のことで、医学的には「虫刺症(ちゅうししょう)」といいます。
虫に刺されることで、虫の毒液や、虫の唾液成分などの異物が皮膚の中に侵入し、皮膚に炎症が起きます。
虫によって生じる皮膚炎の多くは、異物に対する生体の防御反応であり、その発症機序から刺激性とアレルギー性に分けることができます。
虫刺されによるアレルギーには、刺された直後から症状が出る「即時型反応」と、翌日などしばらく後に症状が出る「遅延型反応」があります。
即時型反応によるかゆみや発赤、腫れは数時間程度で治まります。遅延型反応によるかゆみや発赤、ブツブツは数日から1週間程度で軽快します。
注入された毒液の種類や量、アレルギー反応の有無、年齢や体質によって、症状の程度には個人差があります。
原因

吸血性の蚊、ブヨ、ダニ、ノミに刺される、毒針を持つハチに刺される、毒毛を持つ毛虫に触れる、あるいは毒牙を持つムカデ、クモに噛まれることによって炎症が起き、痛みやかゆみ、赤みや腫れ、ブツブツ、水ぶくれなどの症状が出ます。
虫刺されを予防するには、まずは虫に刺されない工夫が必要です。室内での被害を防ぐためには、定期的に掃除する、燻煙剤を活用するなどして、ダニやノミの発生を防ぎましょう。野外活動をする時には、注意すべき虫などの情報を収集し危険を避ける、虫よけグッズを活用する、レジャーや肌の露出を少なくするなど、虫に刺されないように万全の体制を整えましょう。

zushi-ekimae

問診票DL

診療予約