梅雨から夏にかけては、ベタついたりかゆみを感じるなど、肌が荒れがちです。

梅雨から夏にかけては、ベタついたりかゆみを感じるなど、肌が荒れがちです。

梅雨から夏にかけては、ベタついたりかゆみを感じるなど、肌が荒れがちです。

ベタついていても肌の内側は乾燥?

梅雨から夏にかけて、肌のコンディションが乱れる人は少なくないです

高い湿度の影響で、肌がベタついたり、ムレたりして調子が悪くなるのが、梅雨から夏にかけての肌の特徴です。今年の梅雨は、雨かと思えば晴れ間がのぞくような天候が繰り返し続いています。気圧の変動が激しいことが自律神経の乱れにつながり、体の調子を崩して肌のターンオーバーもうまくいかなくなることが多いのです

また、意外に思うかもしれませんが、これからの時期は乾燥肌を招く原因がたくさん潜んでいると言います。

夏場は汗をかく機会が増えますが、汗が蒸発するときに肌の潤いも一緒に蒸発して、より乾燥しやすくなってしまうのです。加えて、冷房を使っている部屋は乾燥しているので、汗をかいたまま放置しておくと、一見潤っているように見えても、一気に肌の乾燥は進んでしまいます

マスク生活の悪影響もあります。

マスクを長時間着けていると、ムレからかゆみを起こしたり、角質がふやけて毛穴がつまりやすくなります。マスクを外したとたんに水分が蒸発して、肌が乾燥してバリア機能が低下してしまうのです

ムレや皮脂によるベタつきに誤魔化され、肌の内側の“隠れ乾燥”に気づいていない人も多いかもしれません。

曇り空やマスク着用で油断して、UVケアを怠ってしまうのもよくありません。また、晴れたときに急に紫外線を浴びることで、肌がダメージを受けることもあります。赤みやブツブツ、ひりひり感など、日光皮膚炎を起こしている人も増えています。日光皮膚炎は、顔だけでなく腕や首にもみられます

zushi-ekimae

問診票DL

診療予約