夏に起こりやすい皮膚トラブル

夏に起こりやすい皮膚トラブル

夏に起こりやすい皮膚トラブル

皮膚病
肌の露出が増える夏は、皮膚にとって過酷な状況といえます。紫外線による日焼けをはじめ、大量の発汗によって汗に含まれる尿素やナトリウムが引き起こす炎症、さらには虫刺されなどが代表的な肌トラブルです。

また、皮膚の感染症が起こりやすいのも夏の皮膚トラブルの特徴です。カビなどの真菌が繁殖しやすい高温多湿の状況で、さらに夏バテによる体調不良から免疫力が低下し、皮膚の感染症にかかりやすい状態になります。

皮膚トラブルを防ぐには?
日焼け対策や虫刺されを防ぐには肌を露出させないことが一番です。そして日焼け止めクリームや帽子、日傘の利用で紫外線対策をとることはもちろんですが、体を清潔に保つことが最も大切です。シャワーや入浴は、汗によるベタつきを取り除くだけでなく、皮膚を清潔にすることが、感染症を防ぐ上でとても重要なのです。
だからといって肌をゴシゴシと強い力でこすると、紫外線からのバリアーである皮膚の角質まで傷つけてしまうので注意が必要です。

皮膚トラブルを起こしてしまったら
かゆみの場合は、とにかく「かかない」こと。かくことで一時的にかゆみは治まりますが、それは患部を麻痺させただけ。かくことは皮膚を確実に傷つけるので炎症を悪化させるだけです。そのため患部を軟膏で塗り、ガーゼで保護して拡大を防ぎます。かゆみがひどい、あるいは薬を塗っても回復しないようであれば、早めに皮膚科を受診しましょう。

zushi-ekimae

問診票DL

診療予約