マスク

マスク

コロナ禍における日常生活でマスク着用は欠かせません。

暑い夏でも、今のところ外すことは難しいですよね。

マスクにこもった息の湿気に汗の刺激が加わり、「マスクの中が蒸れる」「肌がただれてチクチクする」「かゆくなってしまう」など、マスクによる肌トラブルに悩まされている人は多くいます。

マスクトラブルにどう対処すればよいのか、そのポイントをお話しします。

蒸れによる悪影響

マスクはウイルス感染対策のため、基本的に通気性は悪くなっています。
特に夏は気温が高くて汗や皮脂の分泌が多くなるために、さらに蒸れやすい状態になります。蒸れることで皮膚の角質が必要以上にふやけてしまい、皮膚バリア機能が低下しやすい環境になります。

また、ふやけた角質で毛穴が詰まりやすくなります。
一方、マスクを外した瞬間、皮膚の水分は急速に蒸散して乾燥しやすくなります。

毛穴に詰まった角質はそのまま乾くと角栓となり、肌がざらざらしてきます。

それと同時に、皮膚の水分量が少なくなることでさらにバリア機能が低下し、肌トラブルが増える、という悪循環に陥ってしまいます。
したがって、蒸れと潤いは別だということを意識してください。蒸れているからといって保湿ケアをさぼると、肌トラブルは加速してしまいます。

正しい肌ケアで肌荒れ対策を

マスク肌荒れの予防は、まず保湿が重要です.

夏は汗や皮脂の影響でニキビが出やすい季節です。

油分の少ない化粧水を顔全体にたっぷり塗り、かさつきの気になる部分では乳液や保湿クリームを重ねて使用します。

また、紫外線対策も大切です。汗や水では落ちにくいUVケアで、マスク内も含め顔全体に使用して下さい。マスクを外した後は、すぐにクレンジング・洗顔で汚れを落とし、保湿ケアを行います。

角質はふやけていますので、できる限りそっとやさしくお手入れすることが大切です。

また、夏に気になるべたつきや毛穴のケアには、古い角質を除去する酵素洗顔や、角質層にまで浸透する保湿ケアがポイントです。

zushi-ekimae

問診票DL

診療予約