乾燥に要注意!

乾燥に要注意!

夏真っ盛りな季節やってきました。

そこで問題! 肌にもたらす環境(湿度・温度・紫外線)についてあなたはどれだけご存知ですか?

 

1年で最も気温が高くなる季節だからこそ、ポイントとなるスキンケアを知って、キレイをキープしましょう♪

乾燥に要注意! 肌の生まれ変わりもポイントに

気温・湿度の上昇により、汗や皮脂量が増える夏。一見うるおっているように感じてしまいがちですが、油断大敵! 紫外線や汗、クーラーなどは肌表面の保湿機能の低下を招きやすく、乾燥の原因となります。汗を拭くことで、乾燥が加速してしまうこともあるんですよ。

乾燥にさらされた肌は、気づかぬうちに水分が奪われ、表皮の角層水分量が保てない状態に。肌に水分が足りないと、本来、自らが生み出している保湿成分をスムーズに作り出すことができず、肌のバリア機能も低下してしまいます。その結果、肌トラブルが起きてしまうことも。

角層の水分が足りない状態が続くと、私たちの肌は新しい細胞を早く作ってダメージを受けた角層を修復しようします。とてもありがたい機能に思えますが、肌を守るためにターンオーバー(肌の生まれ変わりのサイクル)を急ぐあまり、うるおいを抱えきれない未熟な細胞がどんどん作り出されてしまいます..。結局、不完全な角層では水分をキープしづらく、再び肌荒れが起こる…という負のスパイラルに陥ってしまうのです。

つまり、乾燥とは無縁と思いがちな真夏の時期でも、健康な肌をつくるために、うるおいケアをポイントにしておきたいところです。

肌ににこんなこと感じませんか?

もちろん夏と言えば、毎日強い紫外線にさらされるため、メラニンが過剰に生成され、「日焼け、シミ・そばかす」がより目立つってきます。紫外線を浴び続けると、肌内部のコラーゲンなどもダメージを受けることで「ハリのなさ」を感じる人も出てくるはず。気温・湿度の上昇による過剰な皮脂分泌により、「ベタつき」「毛穴の開き」「ニキビ」「化粧崩れ」などの悩みも多い時期です。さらに、この夏も引き続きマスク着用による「肌のムレや暑さ」にも注意が必要になります。

基本のうるおいケアは抜かりなく
ベタつきを感じる時期だからこそ、肌表面の保湿バリア機能の低下に気づかないまま、「乾燥」状態に陥りやすい傾向が…。エアコンの効いた室内では、たった1時間で湿度が真冬並みに下がってしまうのだそう。うるおいのあるなめらかな肌に整える「化粧水」や、うるおいをキープする「乳液」による基本の保湿ケアは怠りなく。ベタつきが気になる方は、さっぱりタイプをセレクトするのもおすすめです。特にこの時期ついつい敬遠しがちな「乳液」も自分で心地よいと思える感触のアイテムに切り替えるとよいでしょう。そして適量を守って肌に届けることをしっかり意識してくださいね。

zushi-ekimae

問診票DL

診療予約