ブログ一覧

水虫

水虫とは、白癬菌(はくせんきん)と呼ばれる菌が皮膚内に入り込むことで、炎症を起こす感染症の一部です。

足の裏や指に水疱ができたり、皮がむけることで、かゆみや不快感といった症状があらわれます。

水虫の種類と症状

趾間型
最もよく見られるタイプです。
足指の間の皮がむけ、症状が進行すると、白っぽくただれたりして、かゆみが出てきます。

小水疱型
足の裏の土踏まずや、足の側面部に赤っぽい小さな水疱ができ、かゆみが出ます。

この水疱は、1週間ほど経つと乾燥して皮がむけるため、一見完治したかのように見えますが、他の部分に新しい水疱ができ、広がっていくため注意が必要です。

角化型
足の裏、特にかかとの角質部分が硬くなり、表面がごわごわとして白い粉がふいたようになります。

かゆみなどの自覚症状はほとんどありません。 冬場はひび割れやあかぎれになってしまうこともあります。

爪水虫(爪白癬)
爪の先から白く変色し、爪が厚くなります。
かゆみはないため、自覚していらっしゃらない方もいます。

水虫の治療

水虫の治療には、菌の増殖を抑える飲み薬や塗り薬を使用します。
症状が治まったからといって薬の使用はやめず、しばらく続けることで、水虫の再発を抑えることができるようになります。

自費になりますが、爪白癬にレーザー治療もあります。

日常での注意点

日常生活の中で大切なことは、該当する部分を常に清潔に保つよう心掛けることです。

例えば、長時間靴を履き続けた後の足は、汗や分泌物で思った以上に汚れてしまいます。

靴下を履く際には、できるだけ通気性のよい素材にしたり、室内ではスリッパ履きにするなど、足を乾燥した状態に保つようにしてください。 帰宅後はすぐに靴下を脱いで、足をきれいにして清潔にしましょう。

また、ご家族で水虫に感染している方がいる場合は、共有している足拭きマットをこまめに洗濯したり、乾燥を心がけましょう。

夏でも肌が乾燥する原因

夏でも肌が乾燥する原因

夏でも肌が乾燥するのには、以下のような理由があります。


夏でも肌が乾燥する原因

発汗
人間の体には体温調節機能が備わっており、外気温が上がると体温を下げようと汗をかきます。

夏場は、大量の発汗によって肌の水分だけでなく、肌から水分が蒸散するのを防いでいる皮脂膜も失われてしまいます。

エアコン
屋外で滝のようにかいた汗も、エアコンの効いた室内に入ると一気に乾きます。

屋外で大量に汗をかき、屋内で乾く……ということを繰り返すうちに肌からどんどん水分が奪われ、乾燥しやすくなります。

紫外線
夏の強い紫外線も肌が乾燥する原因の一つです。

バリア機能が正常に働いている健康な肌は、うるおいが保たれ、外部刺激の影響を受けにくくなっています。

ところが、紫外線ダメージを受けると肌のバリア機能が低下し、水分が失われやすくなってしまうのです。

保湿不足
肌がベタつく夏は保湿ケアの手を抜きがち。

しかし、汗や皮脂で肌の表面はうるおっているように見えても、肌の内側ではどんどん乾燥が進んでしまいます。

夏でもしっかり保湿ケアを行いましょう。

冷たいものの摂りすぎ
暑いからといって冷たい飲み物やアイスなどを摂りすぎると、血行や代謝が悪くなり、乾燥肌の原因となります。

冷たいものはほどほどにしましょう。

かぶれとは?

かぶれとは?

一般的に「かぶれ」と呼ばれている症状は、正式名称を「接触性皮膚炎」と言います。

これは、ある特定の物質が皮膚に触れたときに発症する湿疹性の炎症反応のことです。
かゆみやヒリヒリ感をともなったり、皮膚が赤く腫れあがったり、水ぶくれやただれ、ぶつぶつなどができることがあります。

かぶれ(接触性皮膚炎)には大きく分けてアレルギー性のものと刺激性のものがあり、また光が関与することで起こる光接触性皮膚炎(光毒性接触皮膚炎、光アレルギー性接触皮膚炎)もあります。
湿疹を起こす皮膚炎には、脂漏性皮膚炎やアトピー性皮膚炎、皮脂欠乏性湿疹、手湿疹やおむつ皮膚炎(おむつかぶれ)などさまざまなものがありますが、接触性皮膚炎はもっとも頻度の高い皮膚の病気のひとつです。

かぶれの原因となりうるもの

次に、かぶれが起こるしくみと主な原因物質について見ていきましょう。

アレルギー性接触皮膚炎
特定の物質にアレルギー反応を起こす「抗体」を持っている人に起こる皮膚炎です。

肌には、ランゲルハンス細胞や樹状細胞という見張り番が存在しています。

この見張り番が肌についた物質を「これは体に有害な物質だ」と認識したときにかぶれが起こります。
アレルギーを起こす原因物質は人により異なりますが、頻度の高いものとしてはアクセサリーや皮革製品に多く使われているクロム、ニッケル、コバルトなどの重金属類や、ウルシ、ギンナン、サクラソウなどの植物などがあります。

医薬品や化粧品、香料、ゴム製品のほか、衣類やプラスチックに含まれたホルムアルデヒドなども、アレルギーを引き起こすことがあります。

刺激性接触皮膚炎
物質の強い刺激や毒性により、誰でも発症する可能性がある皮膚炎です。

私たちの肌のもっとも外側にある角層には、ちりやホコリ・紫外線などの刺激から肌を守るバリア機能が備わっています。

しかし、このバリア機能をもってしても防ぎきれない強い刺激に触れると、角層内では特殊なタンパク質が作られ、炎症を引き起こします。
刺激性接触皮膚炎は、強い酸やアルカリなど濃度の高い化学物質はもちろんのこと、身近にある化粧品やヘアケア剤、歯磨き粉、洗剤、クリーニング溶剤のついた衣類など、ほとんどすべてのものが原因となる可能性があります。

いつも使っている製品がかぶれの原因物質だと気づかず、湿疹が慢性化しているケースもあります。

光接触性皮膚炎
肌にある物質を塗布したあと、紫外線を浴びることで発生する皮膚炎です。

日焼け止めや香水、塗り薬や湿布薬などで起こることがあります。

化粧品や医薬品を使用するときは付属の説明書をきちんと読みましょう。

「肌のバリア機能」の低下もかぶれの原因
食生活の乱れや睡眠不足、間違ったスキンケアなど、さまざまな原因により、肌のバリア機能が低下することもあります。
バリア機能が低下してしまうと、ちょっとした刺激にも肌が敏感に反応し、かゆみや湿疹が起こりやすくなってしまいます。

それまで使っていた化粧品が肌に合わなくなってしまうのも、バリア機能の低下による可能性があります。
かぶれ部分のかゆみが強くなっても、なるべく爪でかかないように気をつけましょう。

かきすぎると角層を傷つけてバリア機能をさらに低下させたり、かぶれの原因物質を周囲の肌に広げたりする恐れがあります。

気になるかぶれやかゆみに!顔などに使いやすい治療薬
顔や目もとのかぶれは見た目にも目立ちますし、かゆみやヒリヒリ、赤い腫れをともなって気になるもの。

一刻も早く治したいときは、治療薬を使用しましょう。

問診票DL

診療予約