ブログ一覧

誰の顔にも生息している顔ダニ

誰の顔にも生息している顔ダニ


人の顔の皮膚や頭皮には、毛根や皮脂腺に棲みつき、余分な皮脂を食べることで皮膚を酸性に保ち、細菌から皮膚を守ってくれる顔ダニが生息しています。

顔ダニは、毛根に棲みついている「ニキビダニ」と、皮脂腺に棲みついている「コニキビダニ」のふたつに大別されますが、中高年のニキビは顔ダニが原因であることが多く、その大きさは肉眼では見ないレベル。主に睡眠中に活動をするので、日中はまったく気にならない存在です。
とはいえ、顔ダニと聞くとなんだかいやなイメージを抱きがち。そこで、神経質になるあまり、過度にゴシゴシ洗顔する行為は逆効果。皮膚疾患が見られない場合は平常通りのスキンケアで十分なのです。
顔ダニだけじゃない、顔カビ(マラセチラ菌)も⁉

この時季に注意したいのが、夏の疲れで抵抗力が低下した秋から冬にかけて、急激に顔の皮膚に増殖する顔カビです。
顔カビ(マラセチラ菌)は、もともと人の肌に生息するものなのですが(普段は無害)、湿気と皮脂が大好物!
そのため、皮脂や汗などの分泌物が増加する秋口に大繁殖し、かゆみ、カサつき、炎症といった皮膚トラブルを引き起こすことも。
また、秋口の大気の乾燥から肌を守ろうとして過度な保湿を行うと、カビが逆に発生しやすくなってしまううえ、一度顔カビによる症状(下記参照)があらわれると、自然治癒は期待できないので、「もしかしたら顔カビ!?」と思い当たる人は、ただちに専門医の診察を受けるようにしましょう。

冬にアトピーを悪化させないための方法とは?

冬にアトピーを悪化させないための方法とは?

冬にアトピーを悪化させないためにはどうすればよいのでしょうか。乾燥が原因となるので、保湿を充分に行うということがアトピー対策のポイントとなります。

大人のアトピーは顔から上半身にかけて乾燥が強くなる傾向にあります。そのため、全身の保湿はもちろんですが、顔や上半身はしっかりと保湿をしていくことがおすすめです。

保湿剤はご自身の使用感が良いものを使用して構いません。こまめに塗ることが理想ではありますが、最低でも1日2回は塗って頂くことを推奨しています。また、ローションタイプなどさっぱりとしたタイプの保湿剤は冬場ですと物足りないこともありますのでクリームタイプやオイルタイプなど保湿力の強いものを使用されるとよいでしょう。また、皮膚の乾燥だけでなく空気の乾燥も改善することが必要です。暖房を使用される際には加湿器もセットで使用して湿度を保っていきましょう。

冬になると熱いお風呂につかりたくなるという方も多いかもしれません。ですが、熱いお湯は皮膚に刺激となり、乾燥を助長したり痒みを引き起こしたりします。そのため、あまり熱いお湯での入浴はおすすめできません。お風呂に入ったら身体がかゆくなってきたという場合には一度出て体を冷やしたり、お湯の温度を下げたりしていきましょう。刺激の強い入浴剤は、身体を温める作用のある入浴剤もおすすめできません。また、入浴後はすぐに保湿剤を使用することで乾燥を食い止めることができます。

さらに大人のアトピーにはストレスが関係していることもあります。冬は空気の乾燥でただでさえアトピーが悪化しやすい時期なので、ストレスをため込まず適宜解消して、アトピーの原因をひとつでも減らしていけるとよいでしょう。

花粉皮膚炎って聞いたことありますか??

花粉皮膚炎って聞いたことありますか??

皮膚科ではこの「季節花粉皮膚炎」の方も受診されます。

毎年同じ時期だけになる皮膚炎があったら、それは花粉皮膚炎かもしれません。

花粉皮膚炎の時期は、一般的にはスギ花粉が飛散する2月~4月、ブタクサやヨモギ花粉も影響する10月~12月です。

スギ花粉抗原が皮膚へ接触することで起こる接触性皮膚炎(かぶれ)の一種と考えられています。

実は花粉皮膚炎はアトピー性皮膚炎がもともとある方に発症する場合が多いです。

アトピー性皮膚炎の患者様の実に30%がスギ花粉によって皮膚炎が悪化する、と言われています。

また、アトピー性皮膚炎がない場合は、花粉皮膚炎の特徴がはっきりと出やすいでしょう。

花粉が飛散する時期のみの症状で、顔や目の周囲など露出部に症状が集中し、赤く腫れぼったい皮疹がでます。

花粉皮膚炎の診断を受けたら、花粉が飛ぶ季節になったら皮膚炎の予防をすることも大切です。

・ワセリンや保湿剤でしっかり皮膚バリアを補強すること

・外出時はマスク・マフラーなどで露出部を減らすこと

・帰宅したら花粉を早めに洗い流すこと

・洗濯物に花粉が付着しないように注意すること

など、簡単にできることばかりなのでせひ心がけてみてくださいね。

感染症の病気

感染症の病気

「ギンナン皮膚炎」は、ギンナンの実に触れる事でおこる皮膚炎で、正式には「ギンナン接触性皮膚炎」と呼ばれます。

銀杏の実であるギンナンが実るこの時期に時々みられます。

ギンナン皮膚炎とは?​こんな方は要注意!

■何度かギンナン拾い、皮をむいた事がある人

■ウルシに”かぶれる”人
■マンゴーを食べた時口の周りが”かぶれる”人

この病気とマンゴーやウルシとの関係は?
ギンナンの種皮、銀杏の葉に含まれるビロボールやギンゴール酸、マンゴーに含まれるマンゴールなどのレゾルシノール誘導体と呼ばれるものとウルシに含まれるウルシオールの交差反応性(共通してアレルギー反応を起こす)によるものです。

このような症状がみられた方は、当院までご相談ください。

本院・駅前院ともに、皮膚科は平日毎日診療を行っております。

お知らせ

山本メディカルセンターよりお知らせです。

明日、9月23日は祝日のため、本院の山本メディカルセンター、駅前にある山本メディカル逗子駅前皮膚科ともに休診となっています。

お間違えの無いようにお気を付け下さいませ。

● 山本メディカル逗子駅前皮膚科

9月24日(金) 松田医師所用のため、豊原医師の診察となります。

あらかじめ、ご承知おきください。

乾燥により引き起こる病気

乾燥により引き起こる病気

秋という季節は、気温の低下とともに湿度も低くなってきて、空気がとても乾燥してきます。

そのため、体の中で空気を取り込む役目を担う「肺」を中心とした鼻・口・喉などの、いちばん最初に外気に接する肺系統が、この乾燥により潤いを失ってしまい、さらには冷気も重なって、風邪やアレルギー性の鼻炎、気管支炎、喘息といった病気にかかりやすくなります。

また、この「肺」と経絡(栄養物質と代謝物質の通り道)を通し密接に繋がっている「皮膚」も大きく影響を受けます。
鼻や口と同様に最初に外気に接する「皮膚」は、夏の暑い時期には毛穴を開き、皮膚呼吸や汗で、老廃物を代謝したり肌を潤したりしていますが、秋に入って寒くなると毛穴がキュッと閉じて、外気による外からと、肺系統などによる体内からの、両方の乾燥をうけて潤いを損ない、カサカサの肌荒れ、皮膚炎、じんましん、老人性の掻痒症等の症状を起こします。

そして、五臓六腑の中で「肺」と表裏の関係にあり、経絡でも密接に繋がっている「大腸」もまた、潤いが不足がちになり、便秘、痔、大腸炎などの症状が、普段に比べ増えてきます。

こうした乾燥により、「肺」やそれに付随した器官の働きが弱まると、漢方でいうところの体の中の「気・血・水」といったエネルギーや栄養物質の巡りが滞ってしまい、結果的に免疫力や抵抗力の低下を起こし、先に述べた風邪はもちろんのこと、インフルエンザやコロナのウイルスにも罹患しやすくなってしまいます。

マスク

新型コロナウイルス感染の流行を機にマスクをつけることが習慣化。
一方、マスクによるバリア機能低下で肌荒れや肌ダメージを感じる方が増えています。

マスクで口や頬まわりを覆っているのは、お肌にとっては大きな負担になります。
今後、新型コロナウイルス感染予防でマスク生活が日常となる中では、マスクによる肌ダメージを予防するスキンケアやエイジングケアが大切です。

マスク生活が長く続くことで、子供から大人、高齢の方までさまざまな肌ダメージを受けるようになりました。
マスクによる肌ダメージは、大きく次の3つです。
* 肌の乾燥が続いて、カサカサになる
* かゆみやあかみ、ひりひり
* にきび

特に、マスクが肌に直接触れる部位は、摩擦による刺激で接触性皮膚炎を起こしやすくなります。

また、マスクが不潔で雑菌がついていると、それが肌ダメージの原因になることもありますので、マスクは、常に清潔なものを使うようにしてください。

なお、感染防御の観点から、ご来院時には「不織布マスク」の着用をお願いしております。

特にウレタンマスクは 、細菌・ウィルスを通しやすいため、推奨されておりません。

着用がない場合は職員からお声掛けさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。

秋の乾燥

秋の乾燥

涼しくなり始める秋は、気温の変化による肌へのダメージを受けやすい季節です。

夏のような肌へのべたつきがなくなる反面、急に肌の乾燥を感じやすくなります。

◆秋の乾燥肌の原因◆

①夏の紫外線ダメージが影響して、乾燥肌になってしまう
②季節の変わり目で寒暖差が激しくなり、肌にストレスがかかることで乾燥肌に
③湿度が低くなり始め、肌のバリア力も低下して乾燥してしまう

これから冬にかけての準備をお肌もしていきましょう!

【本院】山本メディカルセンターでは、「お肌の保険診療」から「お肌の自費診療」まで幅広い選択肢でご相談いただけます。

是非お気軽にご相談ください。

汗の匂いを放ちにくくする肌作り

汗の匂いを放ちにくくする肌作り

嫌な匂いの元となるのは、肌の皮脂や老廃物などに含まれるたんぱく質であり、汗の匂いを防ぐには、これらの原因物質が分泌されにくくなる肌作りが必要です。

具体的には以下のような対策を行いましょう。

■肌の保湿を行い、乾燥による皮脂分泌を抑える
■こまめに水分を摂って乾燥を防ぐ
■肉類や揚げ物など皮脂分泌を増やす食事を控えめにする

汗疹(あせも)とは?汗かぶれとは?症状と原因

汗疹(あせも)とは、多量の汗によって汗腺が詰まり、皮下に汗が溜まることによって生じる皮疹のことです。
汗疹は赤くポツポツした小さな皮疹であり、非常に強いかゆみを伴うのが特徴です。
睡眠中などに無意識に皮疹を掻きむしることで皮膚にダメージを与え、細菌感染を引き起こしたり、掻き痕が残ってしまうことも少なくありません。

一方、汗かぶれとは、分泌された汗に含まれるアンモニアや塩分などが肌に刺激を与えることで炎症を引き起こす症状のことです。
汗疹のような皮疹が生じるのではなく、汗が分泌された比較的広い範囲に赤みやヒリヒリした痛み、かゆみを引き起こします。
また、かゆみがある部分を掻くことでさらに炎症が悪化したり、傷ができて細菌感染が生じたりするケースも多いとされています。

気になる事はまずはお問い合わせ下さい。

9月の肌にこんなこと感じませんか?

9月の肌にこんなこと感じませんか?


今まで受けた紫外線ダメージが肌に現れてしまう時期です。この頃に感じやすい肌ダメージをチェックしましょう。

✓ シミやそばかすが気になる

もし春先から紫外線ダメージのケアをしていなかった場合、メラニン生成がピークを迎える可能性があります。

✓ 肌のくすみが気になる

夏のダメージが蓄積され、血行不良を起こし、くすみを引き起こしてしまう可能性も。

✓ 肌の調子がイマイチ

肌の不調を感じやすく、肌荒れが長引くと肌の生まれ変わりを乱し、メラニンが排出されずに滞ってしまう可能性があります。

9月の肌荒れを防ぐ! ケア3カ条

✓ うるおいでなめらかに整えてから美白すべし

夏の間紫外線を受け続けた肌にとって、「シミ・そばかす」や「乾燥くすみ」といった色悩みが表面化しやすい頃。

そろそろ本格的に美白ケアしなくては! と、慌てて美白化粧品をセレクトしている人も少なくないはず。

紫外線を浴びてごわついた肌は、角層一つひとつのうるおい保持力が低下してしまうので、「保湿力にすぐれた美白アイテム」をセレクトするのがおすすめ。

うるおいに満ちた肌なら美白有効成分がスムーズに届きやすくなるため、お手入れの手ごたえもきっと変わってくるはずです!
紫外線の影響はピークを脱出! でもまだまだ油断大敵です!

9月の紫外線は8月より「量」は減るものの「強さ」はまだ高い状態です。

日焼け止めや、紫外線から肌を守る機能がある乳液、化粧下地、ファンデーションなどを上手く活用して油断しないようにしましょう

問診票DL

診療予約