ブログ一覧

冬の肌荒れの原因と予防

肌が乾燥すると、角層細胞が新しい角層細胞に置き換わるターンオーバーのサイクルが乱れます。
その結果、古い角層細胞が積み重なり、毛穴を狭くしてしまうのです。
そうすると、皮脂と古い角層細胞が毛穴に詰まりニキビが発生します。


冬の肌荒れの原因と予防
冬の肌荒れどうしてる?乾燥、ニキビ…原因と予防法、対処法は?

それでは、冬の肌荒れの原因と予防法について詳しくみていきましょう。

乾燥(湿度の低さ、エアコンの風、夏に受けた紫外線など)
冬は湿度が低いため、肌の水分が奪われて乾燥します。またエアコンによって部屋の空気が乾燥することも原因の1つです。
さらに夏に受けた紫外線のダメージが肌にあらわれる形で乾燥する場合もあります。

こまめなスキンケア、エアコンの使用を控える、夏に紫外線対策をしておくなど、肌を乾燥させないための工夫が必要です。

寒さによる血行不良
冬の寒さによって体が冷えると、全身の血流が悪くなります。血液には、酸素と栄養素を全身に運ぶ役割があるため、血行が悪くなると肌のターンオーバーに必要な栄養素が不足して、健康な角層を保てなくなるのです。

その結果、角層の保水力が低下し、肌が乾燥しがちになります。冬の血行不良を防ぐには、体を冷やさない工夫が必要です。
マフラーや厚手のアウター、手袋、温感タイプの衣類などを着用したり、温かい飲み物を飲んだりするとよいでしょう。

生活習慣の乱れ(睡眠、食事、運動など)
睡眠不足による成長ホルモンの低下、栄養不足、運動不足による血行不良は、肌のターンオーバーのサイクルを乱す原因です。
十分かつ良質な睡眠、栄養バランスのとれた食事、適度な運動などを心がけましょう。

洗うとき体や顔をこすりすぎている
顔や体を洗うときに肌をこすりすぎると、肌の水分と皮脂が失われます。洗顔料やボディソープを十分に泡立てて、肌の上で泡を転がすように洗いましょう。

家庭でできる対策

家庭でできる対策
​​​​​​​
家庭でできる痒疹の対策は、他の皮膚疾患同様にスキンケアが中心になります。スキンケアは、まず皮膚を清潔に保つことから始めましょう。毎日のシャワーや入浴を習慣にし、汗や皮膚についた汚れはその日のうちに速やかに落とすことを心がけてください。

ただし身体を洗う際は強くこすらないように、石鹸をしっかり泡立てて泡でやさしく皮膚をなでるようにして洗いましょう。ナイロンタオルやタワシは使用禁止です。

石鹸やシャンプーのすすぎ残しがあるとかゆみの原因になるので、すすぎは十分行いましょう。また、熱すぎるお湯に入浴するとかゆみを引き起こします。なるべくぬるめのお湯につかるように。

お風呂やシャワーから上がったら、処方されたステロイド外用剤などを皮疹がある部位にすぐに塗るようにしてください。
そのほか日常生活では、室内を清潔に保ち、クーラーや暖房を使用し、適温、適湿を保つようにしましょう。爪を短く切って、なるべく掻かないように。包帯で皮疹のある部位を覆って掻けないようにする、寝るときに手袋を着用するなどの工夫もよいでしょう。

衣服や肌着の刺激がかゆみを誘発することがあるので、新しい肌着を使用する前には水洗いをするようにしてください。また、柔軟剤などに含まれる界面活性剤が刺激になることもあるので、製品を選ぶ際は界面活性剤の少ないものを選ぶように。
過度なアルコール、ストレス、睡眠不足などもかゆみを増悪させることがわかっているため、心当たりがある場合はなるべくしないようにしましょう。

痒疹はどうして起こるのか、どうすればよくなるのかがまだよくわかっておらず、患者さんも皮膚科医も工夫をしながら治療を行っています。一日でもはやく、有効な治療法が見つかることを願ってやみません。
また、痒疹が特に難治で全身に症状がある場合はデルマドロームと言って内臓の病気を反映していることもありますので、たかが皮膚の病気と考えず、近くの医療機関を受診するようにしましょう。

皮膚の痒み

もうすぐ2月といってもまだ春には遠く、北風は吹きすさびます。毎年、秋頃から始まり、さらに寒さと共に皮膚が痒くて寝られない、一旦掻き出すと止まらなくなってしまうなどという方が少なくありません。皮膚が痒いのはつらいものです。

痒みを主訴に来院される方がたくさんおられます。まず、皮膚病変がなくて、痒みのみの場合、皮膚瘙痒(そうよう)症と言います。原因としては、さまざまな状況が考えられます。慢性蕁麻疹もその1つです。皮膚の表面は何もなくて、何らかの機会にちょっとひっかくと赤くみみずばれのようになり、急激に痒くなっていくタイプがあります。蕁麻疹というと、すぐにアレルギーを考えますが、これはアレルギーではなく、気温や体温が上昇すると痒くて、ひっかくという物理的刺激で出るもので、人工蕁麻疹と言います。慢性蕁麻疹には抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬が有効ですが、長期間続ける必要があります。
一方で、気温が下がり、湿度が低くなると発汗や皮脂の分泌が低下し、皮膚の表面が乾燥します。皮膚の乾燥が生じると、不思議なことに痒みを感じる神経の末端が表皮へ進入し、外界からの刺激を敏感に受けやすくなり、痒みを感じる感覚が増します。皮膚の表面に保湿剤などで潤いを与えると、神経末端は真皮へ戻っていきます。この皮脂欠乏による皮膚の痒みは、かつては中高年に起きる現象と言われていましたが、最近では若い年代にも少なくありません。入浴好きで熱い湯に入って垢すりでごしごし表皮の皮脂を洗い流してしまったり、エアコンが行き届き、常に室内が乾燥していたりすると、若い世代にも同様の現象が起きます。特にアトピー性皮膚炎のような皮膚が乾燥している場合は、ことさら痒みが強くなって皮膚炎の状況が悪化することがあります。また、皮膚の乾燥に加え、夜間に布団で温まったり、入浴したり、アルコールを飲み末梢循環がよくなり過ぎると、痒みを感じ、掻き始めてしまいます。
このようなかゆみに対してどうしましょう? 本当は真冬になってこれらの症状がひどくなる前、すなわち秋頃から肌の手入れをしておくことが必要です。入浴したら石鹸を使ってもごしごしこすって洗わないことです。また、皮膚の表面を乾燥しないように、入浴後にボディオイルやクリームなどの保湿剤を塗っておくことです。特に入浴後のまだ体が温かくしっとりしている頃、入浴後10分くらいの、すっかり乾いてしまう前に塗ってしまうことです。さらに木綿の吸水性がよい、チクチクしない衣類を身につけることも必要です。
掻き壊して、びらんが出来たり、滲出液や痂皮がついた状態、すなわち湿疹病変へ進行してしまう場合があります。このような湿疹になってしまったらあきらめて早めに皮膚科へ行くべきでしょう。若い年代の人々がむずむず人ごみの中で体を引っ掻くのはあまり格好のよいものではないし、きれいな足に引っ掻き傷ができているのは感心しません。皮膚科で抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬のかゆみどめを処方してもらう、湿疹の局所的治療として、ステロイド軟膏を外用するなどが必要です。
実はもう一点、時には、背景に何か治療が必要な、重要な疾患が隠れている場合があります。痒いと言ってこられる方々を検査すると、糖尿病、腎臓や肝臓の機能障害、甲状腺機能低下、また若い方では膠原病なども、まれに見出されることがあります。これらに関しては、血液や尿など検査をする必要があります。まず、皮膚科を受診して、皮膚の状態を見てもらいましょう。治療はもちろん、積極的な検査が必要かもしれません。

冬でも日焼けする!?

冬でも日焼けする!? 紫外線の“反射率&照射角”にご用心。少しの油断で夏以上にシミリスクが高まる

12月〜2月は、一年でもっとも紫外線量が少ない季節。とはいえ、シワやたるみに影響を及ぼすUVAは、季節による変動が少なく常に降り注いでいます。もはや冬の紫外線対策は「意識の高い人だけがするもの」ではなく、「全ての人にマスト」なものなのです。

特にスキーなどのウィンタースポーツを楽しむ人は要注意! ゲレンデは標高が高く、紫外線量がぐんとアップするため、真夏と同じレベルの紫外線対策が必要になります。

また、ランニングが習慣になっている人も、冬であろうと紫外線対策に手抜きは禁物です。夏場は太陽の位置が高く、紫外線は真上から降り注ぎますが、秋から冬になると太陽の位置が低くなるため、額~両頬にも紫外線が広く当たるようになります。つまり、横から顔全体に当たってしまう「360°紫外線」が発生してしまうということ。きちんと対策を打たなければ、夏場以上にシミやくすみのリスクが高まる可能性大! 長時間、屋外で汗を流すランニングの際には、汗や水に強い日焼け止めを選び、紫外線が直撃する頬まわりの「バタフライゾーン」は徹底的に守りましょう。

冬の手荒れ 効果的な予防方法

毎年、冬になると手荒れに悩みます。効果的な予防方法を教えてください


冬になると気になる手荒れ。毎年悩まされている人もいますが、これまで気にしたことがなかった人も、ライフスタイルの変化によって発症する恐れがあるので油断は禁物。ひどくなると、ひび割れやあかぎれになって、水に触れるのもつらくなります。
手荒れの原因や効果的な対策について「南青山皮膚科 スキンナビクリニック」の服部英子院長に聞きました。
皮膚のうるおいを保つ角質層が傷つき手荒れに

手は、顔など他の部位に比べて皮膚の表面を覆っている「皮脂膜」が薄くなっています。そのかわりに、皮脂膜の下にある「角質層」が厚くなっていて、手や指を保護する役目を果たしています。
しかし、水仕事などによって皮脂膜が失われたり、空気が乾燥していると、角質層の水分が蒸散しやすくなり、手荒れを引き起こすのです。また、紙に触れるなどの摩擦でも皮脂膜がダメージを受けるため、手荒れの原因になります。

角質層の水分が足りなくなったり傷つくと、指先がかたくなったり、皮がむけてきます。人によっては水に触れるとピリピリとしみることも。手荒れのサインを見逃さないようにしましょう。

手荒れは誰でも起こる恐れが

食器洗いや掃除など家事では、水を使う機会が多いため、手荒れは主婦に多く見られます。さらに、冬は空気が乾燥している上、水仕事でお湯を使ったり、風邪予防で手を洗う回数が増えるため、手荒れを起こしやすくなります。
大掃除や引越しなども要注意。新聞や段ボール、ガムテープなどの摩擦によって、皮脂膜がはがれて手荒れを引き起す原因になります。

また、季節に限らず、調理師や美容師、農家など水をよく使う職業の人は、一年中手荒れに悩まされています。紙をめくったり数えたりするなど、指先を使う仕事をしている人も注意しましょう。キーボードのタイピングが原因で、手が荒れることも。

これまで手荒れと無縁だった人も油断は禁物。結婚や出産などを機に水仕事や手洗いの回数が増えて、手荒れになる場合があります。予防方法をしっかりとおさえて、手の潤いを保ちましょう。

クリームを使って保湿する

手荒れの基本的な対策は、保湿と皮膚の保護です。水仕事など手が荒れる原因を排除できれば良いですが、実際には難しいので、クリームや手袋を使ってケアしましょう。

保湿クリームは、塗る量がポイントです。少なすぎると、意味がありません。軟膏タイプのクリームは、人差し指の先から第一関節まで伸ばした量、ローションタイプは、1円玉大の量を出して伸ばしましょう。これは、両手の手のひらに塗る量の目安です。手の甲まで含めた両手全体であれば、倍の量を塗ってください。皮膚にティッシュが付く、または皮膚がテカるくらいたっぷりと塗るのがコツです。水仕事などをした後は、毎回塗るのがベストですが、ベタベタするのが気になるなら、朝や夜など手を使わないタイミングで、1日1回だけでも使うと違ってきます。

水仕事や掃除をするときは、家庭用手袋で手を保護

食器洗いやお風呂掃除などで水を使うときは、ビニール製やゴム製の家庭用手袋をはめて直接水に触れないように保護しましょう。特に毎日の食器洗いは、手に負担がかかります。私は、手にフィットする薄型タイプがお気に入りですが、自分に合った手袋を使いましょう。冬の水仕事は水が冷たいので、どうしてもお湯を使いたくなりますが、熱すぎると手が乾燥しやすくなります。手洗いの時など直接お湯に触れる場合は、水温は37℃前後に設定しましょう。
大掃除などで紙に直接触れるときは、綿の手袋がオススメです。手袋をはめる前にクリームを塗っておくと保湿効果もより高まります。

保湿対策はできるだけ毎日続けましょう。ケアを怠ると、角質層が傷ついて後々の手荒れにつながります。手が炎症をおこして赤くなったり、かゆみなどの症状がある場合は、放置せず早めに病院へ。

冬の乾燥対策スキンケア編

●冬の乾燥対策スキンケア編


□ 熱いお湯での洗顔は乾燥の原因に!
洗顔時は、「少し冷たいかな?」と思うくらいのぬるま湯で。

□ 水分だけでなく、油分もバランスよく補給を
お手入れの最後は、乳液やクリームなどの油分が多めに含まれたスキンケアアイテムで水分を肌の中に閉じ込めるのが重要です。

□ 日中の乾燥対策も念入りに
メイク前のスキンケアは丁寧に行い、保湿効果の高い化粧下地やBBクリームなどを使用しましょう。
また、紫外線も乾燥の原因になるため、紫外線カット効果のあるものを選ぶのもポイントです

実は冬でも水虫に

暖かい部屋の中で厚手のソックスを履きっぱなし、外出時は密閉力の高いブーツを長時間着用……。足元を冷えや寒さから守るための対策が、実は冬でも水虫に悩まされる要因になっている可能性があります。自己判断で間違ったケアや治療を行うと、ますます悪化したり慢性化したりしてしまいます。冬だけでなく、一年中水虫知らずの足を保つためのポイントなどを、お伝えします。

同じ靴を毎日続けて履くのはNG

白癬菌には高温多湿を好む性質があります。梅雨の時期から夏ごろにかけて水虫に悩まされる人は少なくありませんが、近年は暖房の影響などで冬場でも水虫の患者さんは増加傾向にあります。

さらに冬場は厚手のソックスやブーツなどを長時間着用する機会も多いもの。足が蒸れることで白癬菌が増殖しやすくなるというリスクがあります。女性の場合はタイツやストッキングの着用も水虫の要因になります。

とはいえ、素足で過ごすのは冬場だと冷えるのはもちろん、人に感染させる可能性も高まるので避けましょう。通気性のよい綿100%や絹、麻などの自然素材のソックスなどを身につけるのがおすすめです。

なお、ブーツに限らず、1日履いた靴はその翌日でも白癬菌が繁殖し得る環境(湿度)が維持されています。同じ靴を毎日履くのはやめ、翌日は別の靴に履き替えましょう。特に、雨の日の翌日は必ず履き替えることが大切です。

水虫を防ぐセルフケアで重要なのは、足についた白癬菌をその日のうちにしっかり落とし、清潔に保つことです。

入浴時にはよく泡立てたせっけんで、指の間までやさしくていねいに洗いましょう。洗った後は水分をよく拭き取って、きちんと乾燥させます。いつまでも皮膚が湿ったままの状態にしておくと、高温多湿を好む白癬菌の増殖を許してしまうことになりかねません。なかなか乾きにくい場合はドライヤーなどを使用するのも一考です。

なお、治療は医療機関で受けるのがベストです。お気軽にご相談ください。

問診票DL

診療予約