ブログ一覧

季節の変わり目は肌もゆらぎがち。

季節の変わり目は肌もゆらぎがち。

特に春先はその傾向が強く、「メイクもうまくのらなくなる…」と嘆く人も少なくないでしょう。

実は春は肌が荒れる要素が多く、それに反応してしまう人は「季節性敏感肌」なのかもしれません。

ここでは春特有の肌荒れについて、原因や対処法などを探っていきます。

春先の肌荒れの要因はまず花粉!

春はいわずと知れたスギ・ヒノキ花粉シーズン。
その弊害はくしゃみ、鼻水、目のかゆみなどが一般的ですが、肌荒れを引き起こすこともしばしばです。

肌に大量の花粉が付着すると、人によってはかゆみや赤味、湿疹が出たりするのです。

これは「花粉皮膚炎」とも呼ばれる疾患で、冬の乾燥でバリア機能が弱った肌の内部に、花粉が忍び込むことで発症します。

肌は本来、バリア機能を持っており、多少の異物なら弾き返すことができます。

ところが肌表面の水分量が減ると、肌の細胞もしぼんでいわゆる「地割れ」が発生。

細胞の端々に隙間ができ、そこから異物の侵入を許すようになってしまうのです。

その結果、肌がアレルギー反応を起こし、かゆみ、赤味、湿疹などが現れるというわけです。

特に肌の薄い目の周りや首元などは、花粉皮膚炎の症状が出やすいといわれています。

特定の季節に肌荒れが続くようなら、花粉皮膚炎かもしれません。

皮膚科医の診断を仰いでみてください。

髭剃りで肌荒れする原因

髭剃りで肌荒れする原因
​​​​​​​

髭剃りをする際、T字カミソリや電気シェーバーなどのアイテムを使用すると、肌を削ってしまうことや摩擦が起きるなど、ダメージを与える可能性があります。
髭剃りは、繰り返し行うことで肌表面の角質層を傷つけます。角質層が傷つくことで、細菌などが侵入しやすくなり、ヒリヒリした痛みを感じることや、ニキビ、赤みなど、肌トラブルが起こる原因にもなります。
髭剃りで起こる肌荒れのデメリット

髭剃りで肌荒れになると、様々な症状が起こる可能性があります。髭を剃ることで角質層などを破壊するとお肌はとても敏感な状態に。肌のバリア機能も弱くなるため、皮脂が必要以上に多く分泌され、毛穴のつまりなどが起こり、ニキビができやすい環境になります。
髭剃りを繰り返すことで毛穴に細菌が入り込み、毛嚢炎(もうのうえん)などの症状が出てしまう可能性も高まります。
毛嚢炎は、細菌が毛穴に入り込むことで起こる症状です。ニキビと似ていますが、異なる症状のため、時間が経過しても改善しない場合は、皮膚科で受診することをおすすめします。

乾燥肌になると、肌に赤みが生じるケースがあります。

乾燥肌になると、肌に赤みが生じるケースがあります。


この赤みをメイクでごまかそうにも、カサつく肌はメイクのノリが悪いため、なかなかうまくカバーできないから困りもの。

そもそも、なぜ赤みが生じるのでしょうか。今回は、乾燥肌に赤みが生じるメカニズムと、効果的な改善策を紹介します。

乾燥肌に赤みが生じるメカニズム
乾燥肌に見られる赤みは、外部刺激によって肌に炎症が起こるために生じます。

まずは炎症とは何かを理解し、その上で、乾燥肌に赤みが生じるメカニズムについて詳しくみていきましょう。

●炎症とは
炎症は、体が外敵から命や健康を守るための免疫システムによる反応です。体は、異物の付着や体内への侵入などを察知すると、これらを排除し、さらにダメージを受けた細胞を取り除こうと働きます。この働きには白血球などの免疫細胞が必要なため、体はトラブルが発生した箇所の毛細血管を拡張させて、皮膚の血液量を一時的に増やして免疫細胞を集めます。その結果、トラブルが生じた箇所に腫れや熱感、そして、赤みといった反応が現れるのです。

●乾燥肌に赤みが生じるメカニズム
体が炎症を起こすと、腫れや熱感、赤みが生じることが分かりました。これは肌でも同じです。そもそも肌には、ウイルスや菌、花粉などの異物が体内へ侵入しないよう、防御する機能(バリア機能)が備わっています。さらにバリア機能は、肌の水分を保持する役割も担っていますが、これは以下のような要因によって崩れることがあります。

① 洗顔時の摩擦
バリア機能は、肌の一番外側にある角質層が整っていることで保たれます。しかし洗顔時に肌をゴシゴシこすってしまうと、角質層が傷つき、バリア機能を低下させてしまいます。また、熱いお湯で洗い流すことでも、バリア機能の維持に必要な皮脂を取り過ぎてしまい、バリア機能を崩す原因になります。
② スキンケアアイテムの刺激
化粧品に含まれる香料や着色料、アルコールなどの成分は、乾燥肌には刺激となることがあります。特に、アルコールは皮脂を取り除く働きがあるので、バリア機能を崩す要因となりやすいです。
③ 紫外線・花粉、ダニやハウスダストによるダメージ
紫外線を浴びたり、花粉やダニなどに触れたりすると、肌はダメージを受け、バリア機能を低下させると考えられています。
④ 生活習慣の乱れによる肌の代謝の低下
バリア機能は、肌が一定のサイクルで生まれ変わる代謝の仕組み(ターンオーバー)によっても維持されています。しかし、睡眠不足や栄養の偏りなど、生活習慣が乱れてしまうと、ターンオーバーが滞り、バリア機能も維持できなくなる可能性があります。

これらの要因によってバリア機能が崩れてしまうと、乾燥肌になるだけでなく、肌は外部刺激に敏感になり、刺激を受けた箇所が炎症を起こしやすくなると考えられています。

通常、炎症はずっと続くわけではなく、異物やダメージを受けた細胞が取り除かれると、免疫細胞を集める必要もなくなるため、血管は収縮し、赤みや腫れなどの症状も治まります。

しかし、バリア機能が低下した状態にある乾燥肌の場合、肌は外部刺激に弱く、トラブルを繰り返しやすい傾向にあります。

トラブルを繰り返すことで、毛細血管の拡張が戻りにくくなり、赤みが続いてしまうことも少なくありません。

つまり、乾燥肌による赤みを抑えるためには、肌トラブルを繰り返さないよう、バリア機能をしっかり整えることが大切なのです。

冬にみられる主な皮膚疾患

冬にみられる主な皮膚疾患

冬に発症しやすい主な皮膚症状として、以下のようなものがあります。

乾皮症、皮脂欠乏症

乾燥によって角質がはがれ落ち、皮膚のバリア機能が失われている状態のことをいいます。皮膚表面が乾燥して白い粉がふいたようになる、皮膚がガサガサしてかゆみや痛みを伴うこともあります。

皮脂欠乏性湿疹

皮膚が乾燥することによって生じ、季節を通じて冬に最も多くみられる湿疹とされています。かゆみを伴う皮膚の乾燥や赤身から始まり、重症化するとジュクジュクしてかわむけやかさぶた等になることもあります。皮疹の範囲は四肢や体幹など、広範囲にわたってみられることがあります。原因は明らかにされていませんが、中年以降でみられる場合が多く、アトピー素因が関係する場合があります。

角化、ひびわれ、あかぎれ

皮膚表面が乾燥して厚くなり、ひびが入った状態です。様々な刺激で皮膚が厚くなり、乾燥して脆弱になって割れやすくなります。加齢、空気の乾燥、手洗いなどさまざまな原因から生じます。赤みを帯びたり、出血を伴うこともあります。進行すると何もしなくても痛みが生じる、水がしみるなど日常生活に大きな支障を来たします。

しもやけ

耳たぶや手足の指先などが赤紫色になり、かゆみや痛みを生じます。寒さによって血管収縮が生じ、血流が滞ることによって起こると考えられています。しもやけは冬場の屋外と屋内など温度差が生じやすい環境下で発症する傾向にあります。

低温熱傷

長時間にわたり、40度前後の低温のものに触れ続けることで生じます。冬によく使用される電気毛布や使い捨てカイロ、湯たんぽ等により、就寝中に生じることが多いです。低温熱傷は皮膚深部にダメージが及んでいることが多く、糖尿病などの持病がある場合、傷が治りにくく重症化する場合があります。

皮膚疾患の主な治療法

冬によくみられる皮膚症状の治療は保湿剤等の外用剤の塗布が主体となります。 保湿剤の種類として、ワセリンやヘパリン類似物質などがあり、前者は皮膚の表面に膜をつくることで水分の蒸発を防ぎ、後者は角質の水分量を増加させ皮膚のうるおいを保持します。そのほか、セラミドやコラーゲンが含まれている保湿剤もあります。また傷ができてしまった場合は抗生剤軟膏等の外用、かゆみを伴う場合にはステロイド外用薬や抗ヒスタミン薬内服を行う場合があります。症状がひどい場合には皮膚科に相談の上、ご自身に合ったものを選ぶようにしましょう。

冬の皮膚トラブルの対処法

皮膚トラブルを予防する対処法として、主に以下のようなものが考えられます。

手洗い後や入浴後に保湿剤を塗る
シャンプーやボディーソープなどは低刺激のものを使用する
天然素材の肌着を着用する
加湿器を活用する
水仕事の際はゴム手袋を使用する
手洗い後や入浴後は皮脂が失われ、皮膚が乾燥しやすくなります。ぬるめのお湯を使用し、入浴後5分以内の保湿を心がけ、乾燥を防ぎましょう。また低刺激のシャンプーやボディーソープを使用する、綿など天然素材のものを着用するなど、できるだけ肌への刺激を少なくするよう心がけてください。日本の住宅は気密性が高く、ヒーターやエアコンの温風で乾燥しやすい状態になっています。室内では加湿器を使用し、50~60%程度に保つようにすると良いでしょう。

粉ふき肌の原因

粉ふき肌の原因

粉ふき肌とは、乾燥して肌表面の角層細胞がめくれあがり、白く粉を吹いたように見える状態のことです。まずは、肌が粉を吹く原因について見ていきましょう。

粉ふき肌の原因
乾燥

私たちの皮膚のもっとも外側にある角層では、角層細胞がレンガのように積み上げられ、そのすきまを細胞間脂質が埋めることで「肌のバリア機能」をつくり、外界の乾燥や紫外線、細菌など異物の侵入を防いでいます。
しかし、乾燥した肌では、細胞間脂質や水分が減少しています。そのため角層細胞一つ一つがはがれやすくなっており、肌と衣類がこすれあったり、肌をひっかいたことがきっかけで、はがれかけた角層細胞が粉状に目立ってしまうのです。
粉ふき肌というと空気が乾燥する冬特有のものと思われがちですが、実はオールシーズン、一年を通していつでも起こる可能性があります。近年の建物は機密性が高く、冷暖房を使用することで室内の空気はとても乾燥しています。そのような環境で長時間を過ごすと、肌の水分が奪われやすいからです。

ターンオーバーの乱れや角層肥厚

健康な肌は、ターンオーバーといわれる新陳代謝をくり返すことで、角層細胞を常に新しく入れ替え、肌のバリア機能を維持しています。しかし、若い頃は約4週間の周期で行われていた角層のターンオーバーも、年齢とともに周期が長期化します。
古い角層細胞が肌表面に蓄積したまま自然にはがれ落ちにくくなり、粉ふき肌になりやすくなってしまいます。ターンオーバーの乱れは加齢によるもののほか、血行不良や睡眠不足、偏った栄養バランスなどでも起こりやすくなりますので注意しましょう。
また、肌は紫外線や摩擦などの刺激を受けると、防御機能が働いて角層を厚く積み上げる「角質肥厚(かくしつひこう)」を起こすことがあります。この状態でも角層が乾燥しやすくなり、粉を吹いてしまうことがあります。

間違った洗顔

間違ったスキンケアもまた、肌の乾燥や粉ふきを起こす原因となります。洗顔の際に肌をゴシゴシこすったり、熱いお湯で洗ったりしていると、角層を傷つけてはがれやすくしてしまったり、水分の蒸散を招いて肌の乾燥が進みます。
肌の乾燥やターンオーバーの乱れは、バリア機能の低下をもたらします。バリア機能が低下するとますます乾燥が進み、汗や酸化した皮脂、ホコリや花粉、カビ・細菌など、ちょっとした刺激にも肌が敏感になることもあるので気をつけましょう。
粉ふき肌の対策方法

粉ふき肌を予防するには、どのような方法があるのでしょうか。まずは毎日の洗顔方法や保湿スキンケアを見直し、肌を乾燥から守ることが大切です。

洗顔の見直し

洗顔のたびに肌をゴシゴシ強めにこすったり、洗顔料をしっかり泡立てずに直接肌につけたり、熱すぎるお湯で洗っている人は、いつのまにか角層を傷つけていることがあります。洗顔料をたっぷり泡立ててやさしく洗い、ぬるま湯で十分にすすぎましょう。

保湿スキンケアは丁寧に

洗顔後や入浴後は、肌から水分が奪われやすい状態になっています。時間をおかず、すみやかに保湿ケアを行いましょう。まずは化粧水で角層にたっぷり水分を補い、続けて乳液やクリームなどで油分を補います。スキンケア化粧品を肌につけるときはこすったり叩きこんだりせず、手のひらでやさしく押さえることでしっかりと浸透させましょう。
気温が低い季節や、暖房・冷房をよく使う室内環境では、肌が乾燥しやすいので注意が必要です。いつもより念入りに保湿スキンケアを行うとともに、部屋の加湿もとり入れるとよいでしょう。

大人にできるニキビの症状や原因

大人にできるニキビの症状や原因

思春期を過ぎて発症するニキビは、頬から口もと、あごにかけてのUゾーンやフェイスラインに多く、顔以外では肩などにできることがあります。いずれも皮脂腺が少なく、乾燥しやすい部位という特徴があります。
大人のニキビは、生活習慣の乱れや間違ったスキンケアなど、さまざまな要因が複雑に関わりあうことで起こりやすくなります。たとえば、睡眠不足や過度なストレス、偏った食生活、喫煙などによって肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が乱れると、古い角層が肌表面に残ることで角層が厚くなり、毛穴がつまりやすくなります。
ターンオーバーの乱れは肌の乾燥を招き、間違ったスキンケアや、冷暖房のきいたオフィスに長時間いることなどでも、肌は乾燥しやすくなります。すると、肌を外的刺激から守っていたバリア機能も低下。肌は自らを守ろうとますます角層を厚くし、毛穴もさらにつまりやすくなります。
このように大人のニキビは原因が複雑で、何度でも繰り返してしまうことがあります。大人のニキビの予防には、生活習慣やスキンケアの方法を、ひととおり見直す必要があります。
ニキビケアのポイント

ニキビは皮脂の過剰分泌や、毛穴がふさがることで起こりやすくなりますが、毛穴のなかで皮膚の常在菌であるアクネ菌が増殖すると、炎症を起こして赤ニキビに進行してしまいます。ここでは炎症前と炎症後、それぞれのケアのポイントをご紹介します。
炎症前の白ニキビ・黒ニキビのケア

角化によってふさがれた毛穴内部に、皮脂や古い角層のタンパク質が溜まることで面皰(めんぽう/コメド)と呼ばれるポツポツができます。この状態を白ニキビ(閉鎖面皰)と言います。また、毛穴が開いていると皮脂が酸化し、黒ニキビ(開放面皰)になることもあります。
この時点でのケアには、皮膚科で行う面皰圧出(面皰を専用の器具で除去する処置)や、古い角層を取り去り、肌のターンオーバーを促すケミカルピーリング、毛穴のつまりや炎症を改善する外用薬の使用などがあります。
ニキビを予防するためにホームケアでは、適切な洗顔で肌を清潔に保つとともに、化粧水や乳液で水分と油分をバランスよく補い、肌のバリア機能をキープすることが大切です。「ノンコメドジェニックテスト済み」と表記されたスキンケア化粧品を使うのもよいでしょう。ニキビを爪やピンセットなどでつぶそうとすると、雑菌の繁殖を招き、ニキビが悪化することもあるので、くれぐれも気をつけましょう。

AD

ひび・あかぎれとは

寒い季節によく見られる「ひび・あかぎれ」。手足の皮膚がぱくっと割れ、つらい痛みに悩む人は少なくありません。そもそも、ひび・あかぎれはどうして起こるのでしょうか。また、手あれやしもやけとの違いはどこにあるのでしょうか。皮膚科医監修のもと、くわしくご紹介します。

ひび・あかぎれとは

手足の皮膚がぱくっと割れ、つらい痛みに悩む「ひび・あかぎれ」。まずは、ひび・あかぎれの症状、手あれやしもやけとの違いについて解説していきましょう。
用語解説
人間の皮膚は、一番外側で外部刺激から皮膚を守る「表皮」、その下にあって皮膚の水分や弾力を維持する「真皮」、最も内側にあって主に脂肪で構成される「皮下組織」の三層構造になっています。
「ひび」とは、いわゆる亀裂のこと。表皮の深い部分、あるいは真皮に達する細くて深い線状の切れ目を指します。一方の「あかぎれ」は、ひびが進行して出血を伴ったり、ひびのある部分が炎症して赤身を帯びたりしたものをいいます。つまり、あかぎれはひびが悪化した状態と考えていいでしょう。あかぎれになると、見た目も痛々しく、痛みを感じたり水がしみたりして、日常生活に支障をきたすことが多くなります。
手あれとの違いは?
手あれとは、水や、洗剤、そのほかのさまざまな外部刺激によって、手にカサつきやかゆみなどの症状を抱えた状態のこと。皮膚の下に、かゆみや赤みの原因となる炎症が、潜んでいることもあります。
乾燥からはじまることがほとんどで、手全体に及ぶ場合もあれば、一部の指だけに症状が見られるなど、部分的に生じる場合もあります。ボリボリとかき壊すことで状態が悪化して、治りにくくなるケースが少なくありません。手あれの一症状として、ひびやあかぎれが見られることもあります。
しもやけとの違いは?
しもやけは、寒さなどによる血行不良が原因で起こるもの。手や足など、血液が届きにくい末梢に多く発生します。とくに水に濡れた後、急激に寒さや冷たさによる刺激にさらされると生じやすくなります。
しもやけを防ぐためには、寒さから皮膚を守ることが大切です。手袋や厚手の靴下、耳を覆う帽子などを活用して、しっかりガードしましょう。抹消の血行を良くするような食品や、入浴も効果的といえます。そのほか、スムーズな血行をサポートするビタミンEの摂取もおすすめです。

2/2(水)午後代診のお知らせ

山本メディカルセンター逗子駅前皮膚科よりお知らせです。

2/2(水)午後代診のお知らせ

2/2(水)の外来は
【午前】福本医師
【午後】豊原医師
となります。真理子医師所用のため不在となりますので、
ご迷惑をおかけいたしますが、宜しくお願いいたします。

冬なのにカビが増殖!?

冬なのにカビが増殖、保温下着と過剰保湿で円形のシミができます。

体幹部に丸いシミのような色素沈着ができ、皮もむけた。マラセチア菌が皮膚で増殖する「癜風(でんぷう)」です。
治療方法は抗真菌薬の内服と塗り薬で治療です。

 ボディクリームによる過剰保湿、保温性の高い下着の着用、運動による発汗が重なり、カビの増殖しやすい環境が整った結果だという。本来は皮脂分泌の多い男性や夏場に見られる症状だが、条件次第で冬場、女性にも起こり得えます。
 また、保温効果の高い下着を常用している人は、汗や皮脂の分泌が増えやすい。外は寒くても、屋内は汗をかくほど暖房が効いていることも多い。マラセチア菌は高温多湿で脂の多い環境を好む。重ね着などで上手に体温調節を。アトピー性皮膚炎の人も、保温下着で温まりすぎてかゆみが増すことがあるので気をつけて下さい

問診票DL

診療予約