ブログ一覧

帯状疱疹

水痘・帯状疱疹ウィルスによって起こる病気で、神経に沿って身体の左右どちらかにピリピリと刺すような痛みや違和感と、それに続いて赤い斑点と水ぶくれが帯状に現れる病気です。

帯状疱疹の原因

水痘・帯状疱疹ウィルスに初めて感染した時は水ぼうそうを発症しますが、症状が落ち着いた後も、ウィルスは体内の神経節に潜んでいます(潜伏感染)。

加齢やストレス、疲労の蓄積、病気等で免疫力が低下すると、潜んでいたウィルスが再び活動を始め、神経を伝わって皮膚に到着し、帯状疱疹として発症します。

症状

皮膚に症状が現れる数日前から、皮膚の違和感、ピリピリ感等の神経痛を伴う事があります。
その後強い痛みを伴い、身体の片側の神経に沿って帯状に盛り上がった赤い斑点が現れ、同時に体調不良や経度の発熱、リンパ節の腫れがみられることがあります。
その後、赤い斑点の上に水ぶくれが現れ、水ぶくれがただれた状態となり、7~10日でかさぶたとなり、その後1週間くらいかけて脱落治癒します。

治療の遅れで痛みを伴う後遺症!?

急性期の痛みは赤い斑点~水ぶくれの時期にピークとなり、その後徐々に軽くなっていくことが多いですが、治療が遅れてしまうと神経痛を伴う後遺症(帯状疱疹後神経痛)が残ることもあります。
帯状疱疹は見た目が水疱や発赤がでるため派手ですが、皮膚の状態は必ずよくなります。
問題となるのは神経痛がどのくらい残るかなので、皮疹軽快後は痛みの治療になります。

治療

軽症の場合は抗ウィルス薬、痛みを抑える消炎鎮痛薬、神経炎にビタミン剤などを処方し経過をみます。
皮膚症状の重い方や痛みが強い方、顔面の耳や目に近い部位に水疱が出現している方、皮膚症状が一部分だけでなく水ぶくれが全身のあちこちにある方(汎発型)は点滴治療が必要となることもあります。
その場合には当院入院設備がないため、専門の医療機関にご紹介させていただく場合がございます。

また、痛みがひどい方は早期に神経ブロックが有効なこともあります。
帯状疱疹後神経痛が残ってしまった場合には、内服や抗うつ薬等の内服、神経ブロックなどを行います。
※神経ブロックは麻酔科医による専門医治療になりますのでご紹介いたします。

虫刺されとは

虫刺されとは

虫刺されとは、吸血性の蚊、ブヨ、ダニ、ノミや、身体に毒を持ったハチ、毛虫、ムカデ、クモなどに刺されて起きる皮膚炎のことで、医学的には「虫刺症(ちゅうししょう)」といいます。
虫に刺されることで、虫の毒液や、虫の唾液成分などの異物が皮膚の中に侵入し、皮膚に炎症が起きます。
虫によって生じる皮膚炎の多くは、異物に対する生体の防御反応であり、その発症機序から刺激性とアレルギー性に分けることができます。
虫刺されによるアレルギーには、刺された直後から症状が出る「即時型反応」と、翌日などしばらく後に症状が出る「遅延型反応」があります。
即時型反応によるかゆみや発赤、腫れは数時間程度で治まります。遅延型反応によるかゆみや発赤、ブツブツは数日から1週間程度で軽快します。
注入された毒液の種類や量、アレルギー反応の有無、年齢や体質によって、症状の程度には個人差があります。
原因

吸血性の蚊、ブヨ、ダニ、ノミに刺される、毒針を持つハチに刺される、毒毛を持つ毛虫に触れる、あるいは毒牙を持つムカデ、クモに噛まれることによって炎症が起き、痛みやかゆみ、赤みや腫れ、ブツブツ、水ぶくれなどの症状が出ます。
虫刺されを予防するには、まずは虫に刺されない工夫が必要です。室内での被害を防ぐためには、定期的に掃除する、燻煙剤を活用するなどして、ダニやノミの発生を防ぎましょう。野外活動をする時には、注意すべき虫などの情報を収集し危険を避ける、虫よけグッズを活用する、レジャーや肌の露出を少なくするなど、虫に刺されないように万全の体制を整えましょう。

突然の肌トラブル!?春のゆらぎ肌、4つの原因と対策

突然の肌トラブル!?春のゆらぎ肌、4つの原因と対策


暖かくなり、やっとコートが要らない季節が訪れました。

キレイな桜を見るためにでかけたり、新しい出会いがあったりと、ワクワクする季節になってきましたね。そんなココロと反比例するように、春は肌トラブルが増える季節でもあります。

肌荒れして表面がザラザラする。
お肌が敏感になっている気がする。
ずっと使ってきた化粧品なのに最近ピリピリする。
おでこにプツプツが……。

こんなお悩みをお持ちのかたも多いかもしれませんが、なぜ春になると肌トラブルが増えてしまうのでしょうか。

ゆらぎ肌ってなに?

季節に関係なく、一時的に不安定な状態にあるお肌のことをゆらぎ肌と言います。

その名の通り、お肌がゆらいでいる状態で、一時的に肌荒れやニキビ、敏感肌、乾燥などの肌トラブルを引き起こしたり、化粧ノリが悪くなったりします。ケアをしないままにしていると、お肌のバリア機能が低下し、シミやシワの原因となることもあるんですよ。

春のゆらぎ肌の原因4

そして1年のうち特に3〜5月の春が、このゆらぎ肌に最も気をつけたい時期。この理由には春特有の理由があります。

1.気温差と空気の乾燥

春のゆらぎ肌の原因のまず1つ目は、気温差と空気の乾燥です。

春の天気は気まぐれ。汗ばむくらいの天気だと思っていたら、次の日には急にコートが必要なくらい寒くなることがありますよね。春は昼と夜の寒暖差も大きく、大きな気温の変化にお肌がついていけず、ゆらぎ肌を引き起こしてしまいます。

また空気の乾燥というと冬のイメージがありますが、実は春にやってくる移動性の高気圧は乾いた空気を持っており、冬よりも気温が上がって空気中の水分が蒸発しやすくなるため、冬と同レベルで空気が乾燥しやすい状態になります。

2.紫外線の急増

2つ目は紫外線の急増です。

春の太陽の光はぽかぽかとして気持ちいいですよね。ところが、3月頃から紫外線の量が急激に増え始めます。さらに、お肌のハリや弾力のもととなる細胞を破壊したり、メラニンを増やしてシミの原因を作ったりする紫外線A波は、春が1年で最も強いとも言われています。

3.環境の変化によるストレス

3つ目は環境の変化によるストレス。

新しいクラスでの生活、部署の配置換え、子供の入園・入学など、生活の変化がストレスの原因となります。上で紹介した不安定な気温・気候がストレスが原因となることもあるかもしれません。このストレスがホルモンや自律神経を乱れさせ、ゆらぎ肌を引き起こすのです。

4.花粉による外部から

そして最後が、花粉による外部からの刺激です。

春には花粉の飛散量が増え、花粉症のかたは、くしゃみや目のかゆみなどのアレルギー反応を起こすことがありますよね。お肌の上でも同じことが起きていて、アレルギー反応として、かゆみ、乾燥などの肌トラブルが起こります。

春のゆらぎ肌対策

春のゆらぎ肌対策として最も大切なのは、なんといっても保湿です!

保湿がされていない状態だと、お肌に本来備わっているバリア機能が崩れてしまいます。こうなってしまうと、上で紹介したような刺激に対して、すぐに肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

さらに、バリア機能が崩れると、お肌の新陳代謝であるターンオーバーの周期が短くなり、充分なバリア機能を持たない未熟な細胞が外界にさらされて、さらなる肌荒れを引き起こすという悪循環に陥ってしまいます。

毎日のスキンケアでお肌にしっかり潤いを届けてあげることによって、もともと自分自身のもつお肌のバリア機能を高め、お肌が生まれ変わる力をサポートしてあげましょう。

保湿だけでなく、バランスの取れた食事と充分な睡眠も重要です。さらに、上で紹介した紫外線A波はカーテンをすりぬけて家まで入ってきてしまうため、室内にいるときでもUVカットの化粧品などを使って紫外線対策をしてください。花粉症対策としては、花粉が吸着しやすい油分が多いファンデーションを避け、帰宅後はすぐにメイクオフしましょう。

また、通常のスキンケアでピリピリとした刺激を感じる場合は、バリア機能が乱れているサインです。この場合は、バリア機能の代わりになるワセリンなどの刺激がない、かつ浸透しにくいものをお肌に塗るのがおすすめです。

春特有のさまざまな原因によって引き起こされる春のゆらぎ肌。つい頑張りすぎてしまうことの多い季節だからこそ、自分の身体としっかり向き合ってケアしてあげてくださいね。

春にやっておくべき紫外線対策方法

春にやっておくべき紫外線対策方法

朝は保湿ケア+日焼け止めを基本に
肌が乾燥していると、バリア機能が低下して紫外線ダメージを受けやすくなります。春は空気が乾燥していますから、朝から十分な保湿ケアをおこないましょう。うるおいをしっかり与えたら、日焼け止めをムラなく塗ってくださいね。日差しを浴びやすい頬骨辺りや鼻には、重ね塗りすると安心です。

日焼け止めのPA値をチェックする
日焼け止めに表示されている「PA」はUV-Aを防御する効果、「SPF」はUV-Bを防御する効果です。ついついSPFを基準に日焼け止めを選んでしまいがちですが、PA値も忘れずにチェックしましょう。通学や通勤程度のデイリーシーンではPA++~+++、長時間日差しを浴びるレジャーシーンではPA++++の日焼け止めを用いることがポイントです。

日焼け止めはお昼に1回塗り直しを
日焼け止めは汗や皮脂によって落ちるため、2~3時間に一度の塗り直しが必要です。春は汗の量がそれほど多くありませんから、デイリーシーンであればお昼に1回塗り治すだけでも十分でしょう。

たとえば朝7時に日焼け止めを塗ったなら、ランチのお出かけ前に塗り直すと効果的です。パウダータイプの日焼け止めを使えば、塗り直しも簡単ですよ。

UVカットグッズを併用する
屋外ではより多くの紫外線を浴びるので、日傘や帽子などのUVカットグッズを使いましょう。UVカット効果のあるパーカ、カーディガン、ストール、サングラスなども併用すると、より安心です。

室内や曇りの日も対策を
春に急増するUV-Aは透過性が高く、窓や雲を通り抜けてしまいます。室内や曇りの日でも、日焼け止めやUVカットグッズによる対策を忘れないでくださいね。

「皮膚科にはいろんな病気があります」

「皮膚科にはいろんな病気があります」

皮膚科の病気では死なないだろうと思っている患者さんもいますが、悪性黒色腫(いわゆる「ほくろ」のガン)など、死に至る疾患もあります。日本人は手足に発症することが多く、早期発見すれば5年生存率(5年後に生きている確率)は100%近くですが、発見が遅れると50%以下になる場合もあります。気になる症状があれば、一度、皮膚科医にみてもらってください。

「痒いから皮膚科に行く」

最初から脱線しましたが、本題に入ります。皮膚科にはかゆみを伴う病気が多くあります。子供の頃からアトピー性皮膚炎患者であった私の皮膚科に対するイメージは「痒(かゆ)いから皮膚科に行く」でした。皮膚科医になってもその影響は強く残り、痒い皮膚病を治すのが大好きです。そして、治せない患者さんがいると、俄然やる気を掻き立てられ、いろいろ調べたり、工夫をしたり、治るためにできることをとことん探す、などしてきました。そうしているうちに、他で治らない患者が多く集まるようになり、かゆみが治りにくい病気を多く治療するようになりました。
まずかゆいと思ったら皮膚科にお問い合わせ下さい。

春の「ゆらぎ肌」が起こる原因は?

春の「ゆらぎ肌」が起こる原因は?

春先など、季節の変わり目になると肌の調子が崩れてしまう方は多いようです。
肌が普段より敏感になって、いつも使っている化粧品なのにピリピリして肌に合わないように感じてしまったり、ニキビや肌荒れなどのトラブルが起きてしまったり。
こうした不安定な肌の状態は「ゆらぎ肌」と呼ばれます。
春は一年中でも最もゆらぎ肌になりやすい季節なのです。
その主な原因として、以下のようなものが挙げられます。

・原因1:寒暖差の大きさ
暖かい日が続いたかと思えば、急に冬に逆戻りしたように冷え込む日があるなど、春は気候の変化や寒暖差が大きい季節です。
また、一日の中でも日中と朝晩で大きな寒暖差が生じます。
こうしためまぐるしい気温の変化に身体が対応しきれず、春は自律神経のバランスが乱れがちです。結果、ホルモンバランスなどにも影響が生じ、肌にトラブルが起こりやすくなるのです。

・原因2:環境や生活リズムの変化
新年度が始まる春は、職場や家庭での環境がそれまでと大きく変わることが多い時期です。自分自身には大きな変化がないという人でも、職場に新人が加わったり、家族の生活環境に変化があったりなど周囲の影響を少なからず受けることになるもの。
このため春は心身にストレスを受けやすく、これも自律神経の乱れや肌トラブルを引き起こす原因になります。

・原因3:乾燥、紫外線、花粉などの影響
空気が乾燥する季節は冬ばかりだと思いがちですが、春先はまだまだ空気が乾燥しています。肌が乾燥すればバリア機能が低下して、外部からの刺激によるダメージを受けやすくなってしまいます。
それに加えて、春は一気に紫外線量が増えたり、大量の花粉が舞ったりと外部刺激が多くなる季節でもあります。敏感な状態の肌にこうしたダメージを受けることで、肌荒れやニキビなどができやすくなってしまうのです。

春のゆらぎ肌を防ぐために心がけることは?
春の肌はデリケートになっています。
肌のバリア機能をしっかりと働かせるために、スキンケアは冬に引き続き保湿を入念に行うのが大切です。あわせて、日中の紫外線対策にも本腰を入れ始めましょう。
普段の基礎化粧品が肌に合わないように感じる場合は、この時期だけ敏感肌用の化粧水などを使用してみることをおすすめします。

また、自律神経の乱れもゆらぎ肌の大きな原因です。
ゆっくりとぬるめのお湯に浸かる入浴や、良質な睡眠をとるための工夫などを心がけて、心身のストレスを減らすようにしたいですね。

冬から春先にかけて気を付けるべきアレルゲンはコレ!

冬から春先にかけて気を付けるべきアレルゲンはコレ!

季節性敏感肌を引き起こす原因とは、一体何なのでしょうか?

主な原因として挙げられるのが、「季節性アレルゲン」です。季節ごとに異なるアレルゲン物質が肌に付着し、炎症などを起こすことで肌に赤みが出たり通常のスキンケアが合わなくなったりすることで、普段は何ともなかった肌が敏感肌へと変わってしまうのです。

代表的な季節性アレルゲンには、花粉、カビ、ほこり、ハウスダスト、PM2.5などがありますが、季節によっても注意するアレルゲンは異なります。冬から春先にかけてのこの時期は、とくにこれらのアレルゲンに気をつけましょう。

冬から春先、とくに注意したいアレルゲン

スギやヒノキなどの花粉やほこり
増加する紫外線
季節の変わり目による寒暖差
新年度の環境の変化による疲労やストレス
等、敏感肌の原因が沢山あります。この時期は、スキンケアを刺激の少ないものに変えても良いでしょう。

一度調子が悪くなると、なかなか元の健康的な肌に戻らないのも季節性アレルゲンによる敏感肌の特徴。なぜなら、肌荒れは放置しておくとどんどん敏感になり、肌を守るバリア機能が弱まって外的刺激がさらに肌に侵入しやすい状態を作ってしまうからです。

健やか肌を取り戻すには、第一にアレルゲンを寄せ付けないことが大事。そして第二に、アレルゲンに負けないよう肌のバリア機能を高めるスキンケアを行うことも欠かせません。

具体的には、優しい洗顔と丁寧な保湿がポイント。洗顔は肌への負担を減らすためにも低刺激で泡立ちのよい洗顔料を使い、こすらず顔を包み込むように優しく洗いましょう。保湿は、化粧水や乳液といった基本のスキンケアアイテムに加え、敏感肌用の保湿クリームを使うのがおすすめ。日中は空気中のアレルゲンから肌を守り、うるおいを長時間持続できるタイプ、夜は肌を保温しバリア機能を修復する働きのあるタイプの敏感肌用の保湿クリームをプラスすることで、肌の調子が整ってくるのを実感できるはずです。

春は肌が敏感になるからトラブルが起こりやすい!

春は肌が敏感になるからトラブルが起こりやすい!

鏡をのぞき込む女性
春は肌トラブルが起こりがち!

その原因は肌のバリア機能の低下です。

肌のバリア機能を低下させる主な要因は以下の3つです。

紫外線

春先は紫外線が急増するだけでなく「まだ肌寒いし、日差しも強くないから紫外線対策はしなくてよいかな」と油断しがちな時期。
紫外線をたくさん浴びてしまうとシミやシワができるだけでなく、肌のバリア機能も低下してしまいます。

花粉

春先は花粉の飛散量が増えるのが特徴。
実は花粉は鼻や目のかゆみだけでなく肌にも「花粉皮膚炎」という症状を引き起こします。
花粉皮膚炎は花粉症を自覚していない方にも起こるのが特徴です。

黄砂やPM2.5などの大気汚染物質

黄砂やPM2.5などの大気汚染物質が増加するのも春先の特徴。
これらの大気汚染物質が肌に付着すると、活性酸素が増え皮膚のバリア機能が壊されてしまうといわれています。

これらによってバリア機能が低下すると、肌は外部刺激を内部に伝えやすい状態の「弱バリア状態」となってしまい、肌あれやニキビなどの肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。

肌断面イメージ

特に最近は新型コロナウイルスの影響でマスク生活を余儀なくされています。

長時間、そして長期間にわたるマスク着用も肌のバリア機能低下の原因のひとつとなっています。
肌に負担をかけないように敏感肌用のスキンケア用品を使い、肌をこすったり熱いお湯で洗顔したりすることを避けるようにしてください。

花粉症かな・・・、そんな方いらっしゃいませんか?

そろそろ花粉も飛び始め、目が、鼻がかゆい。。。そういえば咳も出てきたな。
花粉症かな・・・、そんな方いらっしゃいませんか?

花粉を吸い込む量が多いと鼻や眼だけではなく、気管にまで悪影響が生じます。
ですので、この時期に喘息(ぜんそく)が悪化する方は多いです。
また花粉症は春だけではなく夏や秋にもあります。
スギは2~4月、ヒノキは3~5月、イネ科は5~9月、ブタクサは8~9月、ヨモギ:キク科やカナムグラ:アサ科は8月~10月、など花粉症の原因になるものが季節ごとにあります。

春は待ち遠しいですが、毎年多くの人が苦しめられている花粉症の季節でもあります。
花粉症といえば春のスギ、ヒノキをイメージしがちですが、秋にも花粉は飛んでいます。毎年秋になると体調崩される方、もしかしたら秋の花粉症かもしれません。
花粉症は、早めの対策を心がけたいです。東京都の調査では、 都内のスギ花粉症の推定有病率はなんと 48.8%と推計されています。もはや国民病ともいえる疾患であることがわかります。

花粉症は早めにアレルギー症状を抑えるとシーズンを通して軽く済みます。症状がひどくなると炎症を抑えるのが難しくなる傾向があるので、できるだけ早期に(1月末頃から)内服を始めることが重要です。
スギ花粉の飛散が始まる前(1月末頃)に、花粉症や喘息や鼻炎ついてぜひお早めにご相談下さい。

花粉症

いよいよ本格的な花粉シーズンの到来です。花粉症の症状のなかでも、ムズムズする「かゆみ」はつらいもの。特に顔や目のまわりのデリケートな皮膚のかゆみは悪化しやすく、気になって日常生活に集中できなくなることもあります。
つらい「かゆみ」は
なぜ起きる?


花粉症は、花粉というアレルゲンに対して人間の免疫機能が過剰に反応することで起きる、アレルギーの一種です。
花粉アレルギーになると、体内にヒスタミンという物質が分泌され、鼻水やくしゃみを起こして花粉を体外に排出しようとします。また、このヒスタミンにより花粉が肌につくだけでもアレルギー反応が起き、かゆみや炎症を引き起こしてしまいます。
花粉症を軽減させるには、腸内環境を整えることが大切なのだそう。アレルギーと関係の深い免疫機能は、人間の腸に集中しています。そのため、腸内細菌のバランスが崩れると、ヒスタミンが過剰に分泌されてしまい、花粉症がより悪化してしまうのです。
花粉アレルギーを和らげるためには、腸内環境を整え、ヒスタミンの分泌を抑えなくてはなりません。そのためにも、食べ物からのアプローチは有効だといいます。
バランスよく食べて花粉症対策もしっかりしていきましょう!

問診票DL

診療予約