ブログ一覧

コロナ禍でのマスク生活で肌荒れが急増!

コロナ禍でのマスク生活で肌荒れが急増!

そこで今日は、マスクによる肌トラブルについて調べてみました。

「マスクかぶれ」の原因は……

マスクによる肌荒れの原因として、以下のような理由が考えられます。

摩擦による刺激

マスクの素材が肌に触れ続け、皮膚がかぶれてしまうことがあります。特にお口の周りや頬、マスクのゴムをかける耳の後ろなどに赤味やかゆみ、湿疹、水ぶくれなどが生じます。

蒸れ

長時間、マスクを着用しているとお口周りの湿度がどうしても高くなります。湿度が高まると細菌などが増殖しやすくなり、かぶれやニキビの原因になります。

乾燥

マスク内の温度と湿度の急激な変化もマスクかぶれの原因です。マスクを外した際、皮膚が必要とする水分も蒸発し、肌が乾燥しやすい状態になります。乾燥が進むと肌のバリア機能や保湿機能が低下して、毛穴のつまりやニキビができやすくなるのです。

その他

不織布、ウレタン、ガーゼなどマスクにはさまざまな素材がありますが、ある素材に対するアレルギーがあれば肌トラブルの原因に。また、洗濯して何度も使用できるマスクの場合、残った洗剤成分が肌トラブルを引き起こすこともあります。

体調管理、予防の徹底を行いウイルスに打ち勝っていきましょう。

ダイエットをしてたら、肌が荒れた!なんで?

「ダイエットをしてたら、肌が荒れた!なんで?」
「痩せたのに、肌荒れした…しかも、全然治らない。どうしよう」
と、減量することによって、悩みを抱える人がいます。

正しいダイエットの知識を持たずに、過度な食事制限などで痩せると肌トラブルを抱える可能性をあげます。

せっかく頑張って痩せても、肌が荒れたら喜びが半減してしまいますよね。
それに1度肌荒れを起こすと、治るまで時間がかかります。薬などで落ち着かせても、根本の原因が解決できていなければ、繰り返すことに。

そうならないためにも、この記事では
ダイエットをして肌荒れする原因
肌を綺麗にするが大栄養素の役割
ダイエット中に積極的とって欲しいもの食べ物
ダイエットで肌荒れをしないコツ
を、詳しく解説します。
ダイエットをして、肌が荒れる原因は7つあります。

糖質制限ダイエットをしている
食物繊維不足
ホルモンバランスの乱れ
睡眠不足
栄養不足
ストレス

この中に当てはまるものがあったら改善してみてください。
肌荒れが落ち着くこともあります。

間違ったダイエット方法は肌荒れの原因になる
過度な食事制限はしない
栄養バランスの取れた食事を心がける
適度な運動をする
睡眠時間をしっかりと確保する

せっかく頑張って痩せても、肌が荒れたら嬉しくないですよね。お化粧で隠すと、余計悪化しやすくなります。

そうならないためにも、短期的に痩せようとせずゆっくりと痩せるようにしましょう。

6月の肌

6月の肌にこんなこと感じませんか? 暑さや湿気から皮脂や汗の分泌が多くなり、「ベタつき」「毛穴の開き」「ニキビ」「化粧崩れ」などの悩みが発生しやすくなる時期です。 また、紫外線が強くなり、メラニンが過剰に生成され、「日焼け、シミ・そばかす」が気になる人も増えてくるでしょう。

私たちの肌は1年中さまざまな刺激にさらされています。バリア機能が低下していると、これらの刺激に肌が敏感に反応し、さまざまな肌トラブルが引き起こされます。バリア機能を整えるには、正しいスキンケアと規則正しい生活が重要です。もし、症状が改善しない、悪化したという場合は自己判断せず、皮膚科医に相談しましょう。

マスク皮膚炎の対策

マスク皮膚炎の対策

1. 自分に合ったマスクを選ぶ

布やガーゼタイプのマスク(綿のものが望ましいです)だと肌への刺激を抑えられますが、感染拡大を防ぐうえでは不織布マスクのほうが効果を期待できるかもしれません。そのときの状況や肌の状態によって使い分けるとよいでしょう。不織布マスクを使う場合でも、同じ大きさの綿のガーゼを肌とのあいだに挟むと刺激が和らぎます。また、マスクが小さいと摩擦を起こしやすくなるので注意が必要です。

2. 汗をこまめに吸い取る

マスクの着用中は、熱がこもって汗をかきやすくなります。汗が肌に付着したままにしておくと、かゆみやあせも(汗疹)などの肌トラブルにつながるため、吸収性のよいタオルやガーゼでこまめに汗を吸い取りましょう。汗を吸い取る場合は、こすらないように軽く押してください。マスクが汗で湿った場合は、新しいものに交換することをおすすめします。また、マスクを洗う際の洗剤や柔軟剤の成分によって皮膚炎が悪化しやすくなる場合があるため、注意が必要です。

問診票DL

診療予約