著者アーカイブ

紫外線との上手な付き合い方

紫外線との上手な付き合い方

紫外線は体内でビタミンDを作ったり、太陽光を感知して体内時計をリセットするなどのメリットがあります。しかし、そのメリットを上回るデメリットとして、日焼けや光老化などの肌トラブルや免疫力の低下、皮膚がんや白内障のリスクを高める事が知られています。むやみに怖がる必要はありませんが、皮膚を守るという観点からも無防備に過ごすことは控えましょう。

日焼け止めは、昔と比べ成分やつけ心地も多様化しており、ひとりひとりの多様なニーズに合わせた自分にとってのベストが見つけやすくなっています。しかし、人によっては、日焼け止めの成分やつけ心地が合わないので使えないという方や忙しくて時間がとれないとい方も多いですね。そこで、日焼け止めができていないとストレスに感じる必要はありません。それこそ、ストレスが肌トラブルの元になりかねません。帽子やサングラス、日傘にアームカバーなどのアイテムを上手に使用するのもひとつの方法です。今、できるところから、習慣化できるものから始めてみませんか?

zushi-ekimae

マスク焼け

マスク着用中のこんな肌トラブルにも注意!

マスク着用中に気をつけたいのは、肌あれだけではありません。こんなトラブルへの対処法もまとめました。

マスク焼け

紫外線量が増える夏は、日焼けリスクも増大。肌にマスクの跡が残ってしまうことがあります。外出するときは、必ず顔全体に日焼け止めを塗りましょう。
万が一日焼けしたら、まずは濡れタオルなどで十分に冷やします。ほてりが鎮まらない場合は皮膚科受診を。場合によっては抗炎症成分を配合した塗り薬や、美白有効成分配合のスキンケア化粧品などを塗るのもいいでしょう。

zushi-ekimae

汗、汚れ、紫外線

春・秋は花粉、冬は乾燥、そして夏の最大の悪化要因は、汗、汚れ、紫外線です。

汗をかくと、かいた汗が刺激となってかゆみが強くなります。

気温も湿度も高い夏は、体の中に熱がこもりやすく、かゆみが増す原因になるのです。

しかも夏は、黄色ブドウ球菌などの細菌も繁殖しやすくなります。

AD
zushi-ekimae

乾燥に要注意!

夏真っ盛りな季節やってきました。

そこで問題! 肌にもたらす環境(湿度・温度・紫外線)についてあなたはどれだけご存知ですか?

 

1年で最も気温が高くなる季節だからこそ、ポイントとなるスキンケアを知って、キレイをキープしましょう♪

乾燥に要注意! 肌の生まれ変わりもポイントに

気温・湿度の上昇により、汗や皮脂量が増える夏。一見うるおっているように感じてしまいがちですが、油断大敵! 紫外線や汗、クーラーなどは肌表面の保湿機能の低下を招きやすく、乾燥の原因となります。汗を拭くことで、乾燥が加速してしまうこともあるんですよ。

乾燥にさらされた肌は、気づかぬうちに水分が奪われ、表皮の角層水分量が保てない状態に。肌に水分が足りないと、本来、自らが生み出している保湿成分をスムーズに作り出すことができず、肌のバリア機能も低下してしまいます。その結果、肌トラブルが起きてしまうことも。

角層の水分が足りない状態が続くと、私たちの肌は新しい細胞を早く作ってダメージを受けた角層を修復しようします。とてもありがたい機能に思えますが、肌を守るためにターンオーバー(肌の生まれ変わりのサイクル)を急ぐあまり、うるおいを抱えきれない未熟な細胞がどんどん作り出されてしまいます..。結局、不完全な角層では水分をキープしづらく、再び肌荒れが起こる…という負のスパイラルに陥ってしまうのです。

つまり、乾燥とは無縁と思いがちな真夏の時期でも、健康な肌をつくるために、うるおいケアをポイントにしておきたいところです。

肌ににこんなこと感じませんか?

もちろん夏と言えば、毎日強い紫外線にさらされるため、メラニンが過剰に生成され、「日焼け、シミ・そばかす」がより目立つってきます。紫外線を浴び続けると、肌内部のコラーゲンなどもダメージを受けることで「ハリのなさ」を感じる人も出てくるはず。気温・湿度の上昇による過剰な皮脂分泌により、「ベタつき」「毛穴の開き」「ニキビ」「化粧崩れ」などの悩みも多い時期です。さらに、この夏も引き続きマスク着用による「肌のムレや暑さ」にも注意が必要になります。

基本のうるおいケアは抜かりなく
ベタつきを感じる時期だからこそ、肌表面の保湿バリア機能の低下に気づかないまま、「乾燥」状態に陥りやすい傾向が…。エアコンの効いた室内では、たった1時間で湿度が真冬並みに下がってしまうのだそう。うるおいのあるなめらかな肌に整える「化粧水」や、うるおいをキープする「乳液」による基本の保湿ケアは怠りなく。ベタつきが気になる方は、さっぱりタイプをセレクトするのもおすすめです。特にこの時期ついつい敬遠しがちな「乳液」も自分で心地よいと思える感触のアイテムに切り替えるとよいでしょう。そして適量を守って肌に届けることをしっかり意識してくださいね。

zushi-ekimae

梅雨時の肌のお手入れ

夏に向けて気温が高くなるとともに雨が増え、梅雨シーズンに入っていきます。

雨が降るとお肌がしっとりしているように思いがちですが、実は肌にストレスがかかっていることがあります。本格的な夏を前に健やかな肌をキープしておきたいものです。

今回はじめじめとした梅雨時の肌のお手入れについてご紹介します。

気温と湿度が上がる梅雨時は、肌に汚れがたまりやすく、ベタつきがちになります。

一方で、除湿を兼ねてエアコンを入れると室内は乾燥します。そのため、肌は乾燥を防ごうと皮脂を出しますが、水分が足りずにベタベタします。外はベタベタ、中はカラカラという、いわゆるインナードライの状態となります。皮脂が多すぎると毛穴をふさぎ、皮脂の酸化や雑菌の繁殖によって肌トラブルへとつながることもあるようです。

梅雨時の肌ストレスへの対策としては、W洗顔で肌の汚れや毛穴の皮脂のつまりを取り除くようにします。

ただ、ベタつくからと洗顔回数を増やしたり、ゴシゴシするのは厳禁。優しく洗うことと、すすぎを徹底することが重要です。

ぬるま湯と水で交互にすすぐことで、毛穴がキュッと締まるといわれます。

肌の汚れだけをきれいに取りながらうるおいはキープする洗顔フォームは、梅雨時のストレス肌におすすめです。

そして洗顔後は、水分補給を十分に。

コットンに化粧水をたっぷり含ませ、肌がひんやり冷たくなるまで優しくていねいにパッティング。

そうすることで肌が引き締まるだけでなく、水分をしっかり肌に届けることができます。

その後も、もちろん美容液や乳液などで保湿ケアを施し、インナードライにならないように心がけましょう。

梅雨の合間の紫外線の強さも、肌にダメージを与えます。

雲間からのぞく日差しは想像以上に強く、しかも日照時間はどんどん長くなっていきます。

日焼けに対応するためにも、たとえ晴れていなくてもUVケアを心掛けたいところ。

梅雨時は、SPF数値の高い日焼け止めクリームを1回塗るのではなく、低い数値のものを塗り直すのがおすすめです。

梅雨は厳しい夏へ向かう肌に小休止を与えてくれる貴重な時間。

この時期にしっかりケアをして、健やかな肌で夏を迎えたいですね。

zushi-ekimae

夏に肌荒れが起こる原因とは?

夏に肌荒れが起こる原因とは?
夏の肌荒れの原因って?夏の肌の状態やスキンケアのポイントを解説

それでは、夏の肌荒れの原因について詳しくみていきましょう。

乾燥
夏は、気温が高いことで汗をかきやすい季節です。汗と一緒に肌のうるおい成分も流出するため、日常的に汗をかくことが多い方は肌が乾燥しやすくなります。肌の水分と油分のバランスが崩れることで、かゆみや赤みなどの肌トラブルのリスクが上がるため、入念な保湿ケアが必要です。

紫外線
夏は紫外線量が多く、肌に大きなダメージを与えます。肌の表面に炎症を起こしたり、肌の奥へと侵入してコラーゲンを破壊したり、短期的・長期的に悪影響を及ぼすのです。特に、炎天下でのレジャーやマリンスポーツでは多くの紫外線を受けるため、入念に紫外線対策をしましょう。

冷房
冷房をかけると湿度が下がるため、肌の水分が奪われます。また、冷房の風に直接あたると、さらに乾燥しやすくなるでしょう。外出先では、冷房で部屋の湿度が下がりすぎているケースが少なくありません。自由に冷房を調整できないため、出先でもこまめに保湿することが大切です。

間違ったスキンケア
夏は肌のベタつきが気になって、洗浄力が強い洗顔料でゴシゴシと洗いがちです。皮脂の分泌が多くても、洗浄力が強い洗顔料を使ったり、ゴシゴシ洗ったりしてはいけません。肌のうるおいをキープしている皮脂まで洗い流してしまいます。

また、肌を自ら保湿する角層が傷ついて、カサつきや粉ふきなどが起こりやすくなるでしょう。

汗を放置する
汗を放置すると、蒸発するときに肌の水分を奪い去ってしまいます。汗が蒸発するときは、身体の熱を奪うことで体温が下がります。そのため、あえて汗をふきとらない方もいるのではないでしょうか。

zushi-ekimae

マスク

コロナ禍における日常生活でマスク着用は欠かせません。

暑い夏でも、今のところ外すことは難しいですよね。

マスクにこもった息の湿気に汗の刺激が加わり、「マスクの中が蒸れる」「肌がただれてチクチクする」「かゆくなってしまう」など、マスクによる肌トラブルに悩まされている人は多くいます。

マスクトラブルにどう対処すればよいのか、そのポイントをお話しします。

蒸れによる悪影響

マスクはウイルス感染対策のため、基本的に通気性は悪くなっています。
特に夏は気温が高くて汗や皮脂の分泌が多くなるために、さらに蒸れやすい状態になります。蒸れることで皮膚の角質が必要以上にふやけてしまい、皮膚バリア機能が低下しやすい環境になります。

また、ふやけた角質で毛穴が詰まりやすくなります。
一方、マスクを外した瞬間、皮膚の水分は急速に蒸散して乾燥しやすくなります。

毛穴に詰まった角質はそのまま乾くと角栓となり、肌がざらざらしてきます。

それと同時に、皮膚の水分量が少なくなることでさらにバリア機能が低下し、肌トラブルが増える、という悪循環に陥ってしまいます。
したがって、蒸れと潤いは別だということを意識してください。蒸れているからといって保湿ケアをさぼると、肌トラブルは加速してしまいます。

正しい肌ケアで肌荒れ対策を

マスク肌荒れの予防は、まず保湿が重要です.

夏は汗や皮脂の影響でニキビが出やすい季節です。

油分の少ない化粧水を顔全体にたっぷり塗り、かさつきの気になる部分では乳液や保湿クリームを重ねて使用します。

また、紫外線対策も大切です。汗や水では落ちにくいUVケアで、マスク内も含め顔全体に使用して下さい。マスクを外した後は、すぐにクレンジング・洗顔で汚れを落とし、保湿ケアを行います。

角質はふやけていますので、できる限りそっとやさしくお手入れすることが大切です。

また、夏に気になるべたつきや毛穴のケアには、古い角質を除去する酵素洗顔や、角質層にまで浸透する保湿ケアがポイントです。

zushi-ekimae

夏に起こりやすい皮膚トラブル

夏に起こりやすい皮膚トラブル

皮膚病
肌の露出が増える夏は、皮膚にとって過酷な状況といえます。紫外線による日焼けをはじめ、大量の発汗によって汗に含まれる尿素やナトリウムが引き起こす炎症、さらには虫刺されなどが代表的な肌トラブルです。

また、皮膚の感染症が起こりやすいのも夏の皮膚トラブルの特徴です。カビなどの真菌が繁殖しやすい高温多湿の状況で、さらに夏バテによる体調不良から免疫力が低下し、皮膚の感染症にかかりやすい状態になります。

皮膚トラブルを防ぐには?
日焼け対策や虫刺されを防ぐには肌を露出させないことが一番です。そして日焼け止めクリームや帽子、日傘の利用で紫外線対策をとることはもちろんですが、体を清潔に保つことが最も大切です。シャワーや入浴は、汗によるベタつきを取り除くだけでなく、皮膚を清潔にすることが、感染症を防ぐ上でとても重要なのです。
だからといって肌をゴシゴシと強い力でこすると、紫外線からのバリアーである皮膚の角質まで傷つけてしまうので注意が必要です。

皮膚トラブルを起こしてしまったら
かゆみの場合は、とにかく「かかない」こと。かくことで一時的にかゆみは治まりますが、それは患部を麻痺させただけ。かくことは皮膚を確実に傷つけるので炎症を悪化させるだけです。そのため患部を軟膏で塗り、ガーゼで保護して拡大を防ぎます。かゆみがひどい、あるいは薬を塗っても回復しないようであれば、早めに皮膚科を受診しましょう。

zushi-ekimae

梅雨の時期に注意! 感染症とは

●梅雨の時期に注意! 感染症とは

空気や水、口にする食べ物をはじめ、人間や動物の体内に至るまで、私たちの周りにはたくさんの微生物があふれています。ほとんどは無害で人と共存していますが、一部には体内に侵入したり、皮膚上で増殖したりすることで病気の原因となる微生物も存在します。

これが、いわゆる病原体です。「感染症」とは、こうした病原体によって引き起こされる病気の総称を指します。そして、梅雨時は病原体となるカビやダニといった微生物の活動が活発化するため、人体に悪影響を及ぼすことがあるのです。
日本家屋に多い!? カビによって発症する「夏型過敏性肺炎」

湿度の高い日本の夏にはおなじみの肺炎といわれるのが「夏型過敏性肺炎」。原因は「トリコスポロン」というカビで、日が当たらない古い木造家屋のような環境に発生します。

吸い込むことでアレルギー反応が起き、痰のからんだ咳がとまらなくなったり、発熱したり、夏風邪のような症状が何週間も続きます
日本家屋に多い!? カビによって発症する「夏型過敏性肺炎」

湿度の高い日本の夏にはおなじみの肺炎といわれるのが「夏型過敏性肺炎」。原因は「トリコスポロン」というカビで、日が当たらない古い木造家屋のような環境に発生します。

吸い込むことでアレルギー反応が起き、痰のからんだ咳がとまらなくなったり、発熱したり、夏風邪のような症状が何週間も続きます

●春から秋にかけて要注意! 死のウイルスを運ぶマダニに注意!

近年、全国各地で重症熱性血小板減少症候群(SFTS)による死亡者が相次ぎました。SFTSは「マダニ」と呼ばれるダニが媒介する感染症です。マダニは主に森林や草地などの屋外に生息し、家庭内のダニとは種類が異なります。SFTSの致死率は高く、厚生労働省では注意を呼びかけています。

梅雨の後は野山でのアウトドアが楽しい夏がやってきますが、マダニによる感染を予防するには、夏でも肌の露出を控えるのが効果的とされています。万が一マダニにかまれた場合は、医療機関で診察を受けましょう。

zushi-ekimae

紫外線対策を万全にする時期!

紫外線対策を万全にする時期! 湿度の高さもポイントに
7月の紫外線は「量」「強さ」ともにピークをむかえます。日焼け止めや、紫外線から肌を守る日中用アイテム、化粧下地、ファンデーションなどを上手に活用して万全な対策をしておきたいところ。
また、ジメジメ湿気とムワッとする「暑さ」もクセモノ。そのうえマスク着用が日常となっているため、マスク内の皮ふ温が上昇し、今まで以上に暑さやムレを感じやすく、さらに過剰な皮脂や汗でファンデーションが崩れやすい状態に。紫外線はあらゆる隙を狙って降り注いでいるので、しっかり化粧直しをすることが紫外線対策のひとつにも繋がります。そして「マスクをしているから日に焼けない!」と油断しているそこのあなた!マスク越しの日焼けも気を付けたいところ。徹底的に紫外線から肌をガードすることを習慣づけましょうね。
zushi-ekimae

問診票DL

診療予約