ブログ一覧

新しい生活様式

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、「新しい生活様式」として、一人ひとりが感染防止の3つの基本である

1.身体的距離の確保、2.マスクの着用、3.手洗いや、「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等の対策を取り入れた生活様式を実践することが求められています。

 これから、夏を迎えるにあたり、皆様には、例年よりもいっそう熱中症にもご注意いただきたく、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための「新しい生活様式」における熱中症予防のポイントをまとめました。

(1) マスクの着用について
 マスクは飛沫の拡散予防に有効で、「新しい生活様式」でも一人ひとりの方の基本的な感染対策として着用をお願いしています。ただし、マスクを着用していない場合と比べると、心拍数や呼吸数、血中二酸化炭素濃度、体感温度が上昇するなど、身体に負担がかかることがあります。
したがって、高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクが高くなるおそれがあるので、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう。

マスクを着用する場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心がけましょう。

また、周囲の人との距離を十分にとれる場所で、マスクを一時的にはずして休憩することも必要です。

外出時は暑い日や時間帯を避け、涼しい服装を心がけましょう。

(2) エアコンの使用について
 熱中症予防のためにはエアコンの活用が有効です。

ただし、一般的な家庭用エアコンは、空気を循環させるだけで換気を行っていません。

新型コロナウイルス対策のためには、冷房時でも窓開放や換気扇によって換気を行う必要があります。

換気により室内温度が高くなりがちなので、エアコンの温度設定を下げるなどの調整をしましょう。

(3) 涼しい場所への移動について
 少しでも体調に異変を感じたら、速やかに涼しい場所に移動することが、熱中症予防に有効です。

一方で、人数制限等により屋内の店舗等にすぐに入ることができない場合もあると思います。

その際は、屋外でも日陰や風通しの良い場所に移動してください。

(4) 日頃の健康管理について
 「新しい生活様式」では、毎朝など、定時の体温測定、健康チェックをお願いしています。これらは、熱中症予防にも有効です。

平熱を知っておくことで、発熱に早く気づくこともできます。

日ごろからご自身の身体を知り、健康管理を充実させてください。

また、体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養するようにしましょう。

虫刺され

夏場になると、お子様から大人の方まで多くご相談をいただきます。

虫刺されの症状にはアレルギー反応が関わっていると言われており、体質や刺された頻度によって個人差があります。

特にお子様では症状が強く出ることもあり、赤く腫れるだけなく水ぶくれができることもあります。

またお子様の場合には掻かないようコントロールすることが難しいため、掻き続けることで傷ができ、二次的に細菌感染を併発することもあります。

特に蚊に刺されるたびに熱が出るなど、全身症状を伴う場合には血液検査を行うこともあります。

|虫刺されの原因
虫刺されの原因をはっきりさせるには、刺されている場面を目撃しない限り難しいことが多いのですが、体の部位・刺された状況によっては原因を特定できることもあります。

例えば蚊の場合、露出部位である顔・首・腕や足首に症状が見られ、逆に二の腕やお腹、太ももを中心に症状が見られる場合、ダニによる虫さされを疑います。

|治療
虫刺されは放っておくと茶色いシコリや傷跡となってしまうこともありますので、早めの治療が大切です。

治療はステロイドの塗り薬を使用しますが、治療が不十分だとしこりを残すこともありますので、長めの外用や貼り薬での治療をおすすめします。

細菌感染を併発している場合は抗生剤の飲み薬が必要となり、かゆみの程度に応じてその他のアレルギー止めの飲み薬も併用します。

虫に刺されたら絶対にやってはいけないこと3つ

虫に刺されたら絶対にやってはいけないこと3つ

虫に刺されたら”やってはいけないこと”があります。

かゆみや痛みの症状を早く抑えて、跡を残さないために避けておきたいのはこの3つ。

① シャワーや入浴時の温度は高温にせず、ややぬるめに。高温はかゆみを増長させます。

② ①と同じ理由から、飲酒もできるだけ控えましょう。

③ ブヨやアブなどに刺された場合、症状が重く腫れもあるなら安静が第一。走り回ったり、激しい運動は避けましょう。

もしも顔を刺された場合、メイクをしてもいいのかも女性なら気になるところ。

患部に強い炎症がなければ、いつのもメイクでOKでとのこと。

また、虫さされ跡が気になるなら、肌に優しい処方のコンシーラーを取り入れるのもおすすめだそうです。

虫に刺されそうな場所へ行く時は、なるべく素肌を出さない服装を心がけることも大切ですよ。虫刺され跡を残さないためにも虫を近づけない対策もお忘れなく!

皮膚トラブルを防ぐには?

皮膚トラブルを防ぐには?

日焼け対策や虫刺されを防ぐには露出させないことが一番です。

そして日焼け止めクリームや帽子、日傘の利用で紫外線対策をとることは勿論ですが、体を清潔に保つことが最も大切です。

シャワーや入浴は、汗によるベタつきを取り除くだけでなく、皮膚を清潔にすることが、感染症を防ぐうえでとても重要なのです。
だからといって肌をゴシゴ強い力でこすると、紫外線からのバリアーである皮膚の角質まで傷つけてしまうので注意が必要です。

皮膚トラブルを起こしてしまったら
かゆみの場合は、とにかく「かかない」こと。

かくことで一時的にかゆみは治まりますが、それは患部を麻痺させただけ。

かくことは皮膚を確実に傷つけるので炎症を悪化させるだけです。

そのため患部を軟膏で塗りガーゼで保護して拡大を防ぎます。

かゆみがひどい、あるいは薬を塗っても回復しないようであれば、早めに皮膚科を受診しましょう。

虫刺されでは、目に見えない微細な毒針が刺さっている可能性が高いので、先ず冷水で洗い流して冷やし、ステロイド系の外用剤を塗布します。

かぶれは「湿疹」や「皮膚炎」の一種で、アレルギー反応によるケースもあります。

正しい治療方法を見つけるためには原因を知ることが大切で、早い回復や再発を防ぐことにつながります。

皮膚科を受診して診断・治療を受けましょう。

かゆい時は、掻きむしらずに冷やす

かゆい時は、掻きむしらずに冷やす

かゆいとつい掻いてしまいがちです。しかし患部を掻きむしって表皮を傷つけると、肌のバリア機能が低下し、湿疹が悪化して化膿することも。さらに、掻くことによって、知覚神経を刺激するかゆみ物質が放出され、かゆみの症状もひどくなります。

かゆくて我慢ができない時は、冷水や保冷材を使って患部を冷やすのが効果的です。冷やすことで毛細血管が収縮し、炎症にブレーキをかけることができます。

刺激から肌を守る工夫を

外部の刺激から肌を守るために、正しいスキンケアで保湿するようにしましょう。ワセリンなどで乾燥を防ぎ、肌のバリア機能を保ちましょう。

紫外線の強い季節は日焼け止めを使用する、レジャーには虫よけスプレーを使用するなど、シーンに合った方法でケアすることが大切です。

湿疹が起きる原因がわかっている場合は、原因物質を避けるようにします。

市販薬でセルフケアできる場合

湿疹の原因がはっきりしている
全身ではなく、部分的に症状が出ている
という場合は、湿疹やかゆみ用の市販薬で対処できることがあります。「かゆみ」は「赤み」や「ブツブツ」と同様に皮膚の炎症によるものであることが多いため、元となる炎症を抑えるステロイド外用剤が効果的です。ステロイド外用剤は優れた抗炎症作用を持つため、炎症をすみやかに抑え、かゆみなどの症状をしずめます。

症状が重い場合は病院に

ただし、以下のようなケースでは、自己判断せず、医療機関を受診しましょう。

原因不明の湿疹が出て、症状が長引いている
症状が重く、悪化している
症状が出る範囲が広い、または広がっている
特に、思い当たる原因が無いのに、湿疹の症状が長引いている場合は、内科的な病気が関係していることもあります。

また、湿疹と間違いやすい病気に、乾癬などの皮膚病があります。乾癬は皮膚の炎症と、皮膚の一番外側にある角質層が堅くなる「角化症」が同時に起きる病気です。皮膚の炎症を抑えるだけでなく、角化症に対する治療も行わなくてはならないため、医師による診断治療が必要です。

汗疱

汗疱
汗疱(汗疱上湿疹)は、あせもと同じく、汗が大量に出る手のひらや手指、足の裏に水ぶくれができる疾患です。

単体ではかゆみを伴いませんが、湿疹を併発してしまうと赤くなりかゆみも伴います。

汗疱(汗疱上湿疹)の原因

通常、汗は汗腺で作られ、汗管を通じて皮膚の外に排出されます。 しかし、何らかの原因はより、汗の排出がスムーズにいかなくなってしまうと、皮膚に留まった汗が肌荒れを起こしてしまいます。

治療の方法

汗疱のままでは、自然に回復するのを待っていて問題ありません。 かゆみが伴う場合には、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤を用いる場合もあります。 掻き壊してしまい湿疹になってしまった場合には、ステロイド軟膏などを使用します。 鑑別に掌蹠膿疱症がありますので、なかなか治らない場合にはご相談ください。日常生活では、汗をかいたらよく拭き取ることを意識しましょう。

虫刺され

虫刺されを予防するにはまず、原因となる虫を肌に寄せつけないことが大切です。

屋内では、目的に応じて殺虫剤を使用するほか、野外活動では肌の露出を少なくし、虫よけスプレーを使うことも有効です。
ハチには虫よけスプレーは効きませんが、巣を守ろうとして攻撃をする習性があるため、むやみに巣に近づかないようにしましょう。

このような対策を行っても、虫刺されを完全に予防することは難しいものです。

知らないうちに刺されてしまい、かゆみなどの症状で「刺された!」と気づくことも多いでしょう。

そんなときはあわてずに、次のような対処を行って下さい。

まずは、患部を水で洗い流し、清潔を保つようにします。

毛虫やハチに刺された場合は、粘着テープや毛抜きを使い、皮膚に残っている毒針や毒毛をそっと取り除きます。毒針や毒毛を残したまま掻いてしまうと、さらに皮膚にすりこんで症状を悪化させる恐れがあるからです。

その後、氷水などで患部を冷やし、掻くのをガマンして炎症を広げないようにしましょう。

一般的に、アンモニアを塗るという対処法が知られています。しかし、アンモニアにはアリの毒成分である蟻酸(ぎさん)成分を中和する効果はあるものの、他の虫に刺されたときに使用するとかえって症状を悪化させることもあります。安易に用いないようにしてください。

虫刺されの治療法

虫刺されの治療には、皮膚の症状を抑えることを目的として、おもにステロイド外用剤が用いられます。

ステロイド外用剤は皮膚の炎症を抑え、かゆみ、発疹、腫れ、痛みなどをやわらげるはたらきがあります。

毛虫やムカデ、ハチによる虫刺されでは、腫れやかゆみなどの炎症が強い場合が多いため、早めにステロイド外用剤を用いて炎症を抑えると良いでしょう

かぶれ

かぶれ
皮膚に接触した物質による刺激やアレルギーがきっかけとなって起きる皮膚炎で、正式には接触性皮膚炎と言われています。

かぶれの種類

刺激性によるかぶれ
植物や昆虫のほか、有機溶剤や灯油・石鹸に触れたことが原因になって起きるかぶれです。

また、衣類との摩擦による刺激が重なって起きる場合があります。

アレルギーによるかぶれ
化粧品や金属、ゴム製品など、身のまわりにある無数のものが原因になりえるかぶれです。

一度アレルギー反応が起きたものに対しては、今後も繰り返し同じ症状が起きますので触れないように注意する必要があります。

パッチテスト
パッチテストは、皮膚炎の原因として皮膚に接触する化学物質、日用品、 化粧品、薬剤、歯科金属、食物などが関係していないかどうかを調べる検査です。背部等に種々のアレルゲンを貼り、以下のようなスケジュールにて経時的に反応を観察し、皮膚炎と何らかのアレルゲンが関係しているかを確認します。

本来は皮膚炎が治ってから原因確認を目的にパッチテストを行いますが、なかなか治らない皮膚炎の患者様に実施 することもあります。 パッチテストで思いがけないアレルゲンに対する反応が判明することもあります。ご自身の生活で注意すべきものを明確にすることができますので、今後の皮膚炎予防にもつながります。

治療の方法

原因となった物質に触れないことが、一番の対処・予防になります。
症状がでてしまった場合には、ステロイド外用薬や抗ヒスタミン作用のある内服薬を用います。
ひどい症状の場合には、期間を絞ってステロイドの内服薬も併用する場合があります。

お知らせ

山本メディカルセンター逗子駅前からお知らせ致します。

6/12(土)医師不在のため、【午前】【午後】ともに休診

とさせていただきます

問診票DL

診療予約